■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
医療者を支援しよう がん研究を支援する「いのちの駅伝」
大阪城公園 いのちの駅伝 出発式典大阪城公園外周遊歩道をウォーキング オオサカフリツセイジンビョウセンター職員の皆さんで作成された募金箱が寄贈された
 14日 がん研究を支援する「いのちの駅伝」が大阪城公園を外周道路を使って開催されました。
 第17回 EKIDEN for LIFE(生命の駅伝)実行委員会が取り組んでいます。
 大阪・三重・愛知のコースで駅伝が行われる出発式が大阪城公園噴水前でありました。。

 ▽コースと日程

 主催者挨拶の後、歓迎の挨拶を府立成人病センター堀総長が行われました。
 開会式の最後に、成人病センターの皆さんによる手作りの木製の立派な「募金箱」が実行委員会に寄贈されました。
 このイベントには、大阪府健康づくり課がん対策グループからも参加され、大阪対がん協会の方々とウォーキングにも参加されました。




 準備運動をしてからスタート、勇者はランニングで、私たちは、ウォーキングで大阪城公園の外周4kmあまりを歩きました。
 11時過ぎには1週を終え、大阪がん医療の向上をめざす会から参加した3人は駅伝からリタイア。
 喫茶室で休憩し、午後のイベント「ナースをがんから守る」参加のためにJR大阪城公園駅西側の大阪看護協会へ向かいました。

 私は、看護協会が初めてだったので、建物を見学しイベントの準備の様子などもみて、午後の会議の会場へ移動しました。

■ 午後からは、心筋梗塞の治療とその後の経過検査(64列CT)でお世話になっている病院の利用者グループの総会に参加しました。
 今年もグループのお世話役を引き受けることになりました。
 総会の後の記念講演は、立命館大学産業社会学部 リム・ボム教授によるニューヨークスタイルによる「住民参加のまちづくり-新病院建設-」のお話を聞きディスカッションを行いました。
 病院に地域のミュージアム機能を持たせる、病院の診療方針を建物の形や外壁を使って主張する、氏の考えが披露されました。
 現病院を利用している患者からは、自身の療養についてきちんと説明していただける病院にして欲しい、とか、がん患者などの治療や療養(専門性や精神的ケア)を支える仕組みも考えて欲しいなど具体的な要望も出されました。 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:36:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad