■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
肝炎情報センター研修内容にも意見を伝えたい 
国際医療研究センター国府台病院 肝炎免疫研究センター・病棟・研究棟完成予想図 国際医療研究センター国府台病院 肝炎免疫研究センターでは、肝疾患連携拠点病院の医療者向け研修を2009年から開催されています。
 その研修内容が同センターのサイトに掲載され、昨年の研修からは研修会で講師が使ったパワーポイント(スライド)をpdf形式でどなたでもみるとができるようになりました。

 昨年の看護師向け研修会の受講募集案内が情報センターのサイトに掲載されたので、厚労省肝炎対策推進室や肝炎情報センターの事務部門に見学させてほしいとお願いしました。
 見学は断られたのですが、昨年12月以降の研修内容は、私たち患者もみることができるようになりました。

 独立行政法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センター 》 研修会のご案内

 スライドをみていて
 ・溝上センター長の1945年以降の感染の蔓延 ヒロポンなど覚醒剤注射の回し打ち
   耳朶採血時や止血時間を計るための穿刺器具、解熱剤の静脈注射などの方が感染の機会が広く国民にあったのではないか(啓発活動の資料の改善につながる)
 ・看護師さんの示された「肝炎パスポート」治療中の患者に配布される手帳形式のものですが、肝炎ウイルス陽性者にまで配布対象を広げられないか
  関連して、肝疾患地域連携クリニカルパスの早期作成普及:B型肝炎、肝硬変、肝がん(塞栓療法、ラジオ波治療、ネクサバールやリザーバー療法など治療法毎に)も必要なことです。
 ・患者の負担を軽減させるために、塞栓療法では、塞栓剤や造影剤の改良、またなどの穿刺部分の止血バンドの改良
など、肝炎情報センターでも研修や研究の内容に取り入れてほしい患者意見はたくさんあると思います。

 以下に、過去2回分(看護師、相談員向け)の内容リストを紹介します。


■肝炎情報センター主催 第一回看護師研修会
  平成23年12月10日開催
 対象:都道府県肝疾患診療連携拠点病院に勤務する看護師

 期日:平成22年12月10日(金)、11日(土)
 場所:千葉県市川市市川 山崎製パン企業年金基金会館 3階大ホール 

基調講演 溝上雅史 肝炎・免疫研究センター長 
講義①「インターフェロン治療について」
講義②「肝癌の治療:TACEの実際と看護」
講義③「肝性脳症患者への退院指導の取り組み」
講義④「インターフェロン連携パスを使用した地域との連携を目指して」
講義⑤「肝疾患相談員の体験談」


■肝疾患診療連携拠点病院肝疾患相談センター 相談員向け研修会
 平成23年3月9日開催

 対 象:都道府県肝疾患診療連携拠点病院 肝疾患相談センターの相談員(職種不問)
    (原則として1病院あたり1名参加とします)
 期 日:平成23年3月9日(水) 13:00?17:00
 場 所:独立行政法人国立国際医療研究センター病院
     国際医療協力研修センター5階大会議室

 1)肝疾患診療相談センターの立ち上げ、運営、そして課題
 2)肝疾患相談員の役割・機能(看護師の立場から)
 3)相談支援のプロセス~がん専門相談員として求められること
 4) 肝疾患患者のメンタルケア・ インフォームドコンセント
 5) 相談業務のプロセスとコミュニケーション技術

スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 09:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-05-20 金 14:23:00 | | [編集]
画像検査で発見できない「肝がんの可能性」どうする
 患者会への電話相談者からコメントをいただきました。
 ありがとうございます。

 肝がんのモグラたたき状態になり出す前の対処法、これがこれからの団塊の世代の肝炎患者への「対策の課題」になってきます。

 肝がん発がんも2,3回になると今度の治療で本当に良くなるのだろうかと、まず患者さんやご家族は、治療を受けている医療機関の「技術」に疑念を抱きます。
 なかには、医療機関をかえられる方もいます。

 でも、その時点では、エコー・CT・MRIでは検出されない小さな小さな肝がんの塊が散在していることもあるわけです。これがある場合にどうするか、あることを証明できれば抗がん剤による治療も手段の一つになるだろうと、研究者はいろいろと試し研究されている方もおられます。
2011-05-21 土 09:06:21 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad