■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
クリティカル・パスとクリニカルパス 肝炎では
 22日堺市商工会議所で「南大阪肝臓フォーラム」が開催されました。
 興味深かったのは市医師会理事の西川先生のお話「開業医のうまいかかり方-地域連携パスを中心に-」。
 堺市では、市内10施設の主だった医療機関が共同して12の疾患について「地域連携クリニカルパス」を作成されています。肝臓病ではC型肝炎のインターフェロン治療、肝がんの専門病院とかかりつけ医が一人の患者についてどのように診療を進めるのかを「診療連携クリニカルパス」として作成され活用され始めています。これを活用するための要は、「かかりつけ医」がこの取り組みに参加することです。
 堺市医師会
 堺市医師会 医療関係者の皆さんへ→「堺市医師会地域連携クリニカルパスの運用について
 C型肝炎・肝がんについて作成されています。残念なのはB型肝炎や肝硬変とその合併症については、これからのようです。作成の手順も説明され、診療の時間をぬって様々な方々が幾つかの部門会議や作業を重ねて作られるご苦労もわかりました。
 堺市での C型肝炎地域連携パス  肝がん地域連携パス
 連携クリニカルパスに参加するかかりつけ医は、医師会の連携パスに関わる研修を受ける認定を受ける必要があります。


 講師の西川先生は、お話の締めくくりに、「クリティカルパス」と「クリニカルパス」の使い分けについて説明されました。堺市の場合は、クリニカルパス。日本の学会も「日本クリニカルパス学会」、その大きな理由は、「クリティカルパス」は米国で登録商標となっているからだそうです。

■C型肝炎 過渡期の治療選択 待てるか待てないかの診断をまず
 厚生労働省の研究班が昨年1年間の研究の成果をまとめ「C型肝炎治療ガイドライン2011」を3月に報告しました。(日本肝臓学会のサイト「医療従事者の皆さんへ」で紹介されています)
 肝臓フォーラムで「C型慢性肝炎治療の上手な受け方」を担当された肘岡先生は、「今はドクターも患者さんも治療法の選択が非常に難しい時期」とおっしゃっておられました。
 検査では、保険適用にはなっていませんが、ウイルス側の「コア領域」の遺伝子検査。患者側のIL28B遺伝子検査を行うこと、今年秋から冬にかけて保険適用になるといわれる抗ウイルス剤12週(+ペグリバ)その後12週ペグリバのみ24週の新しい治療法、5年後くらいに登場するかもしれない経口抗ウイルス剤2剤併用治療などが、選択肢になってきます。
 以上のようなことから、待てるのか今治療しなければならないのか、この見極めをして、待てない方はインターフェロン治療を行うことが望ましいと強調されていました。
スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:40:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。