■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝炎 恒久対策は
ガソリン列車が行く 東京都小平市武蔵野線新小平駅
 集団予防接種B型肝炎大阪訴訟の弁論期日が迫ってきました。

■大阪地裁 弁論期日 5月27日(金) 13:30~
  報告集会 裁判終了後、大阪弁護士会館


 薬害肝炎訴訟は、原告と政府が2008年1月に和解し、その年の7月から大臣協議を行い恒久対策などについて提案協議が行われ、協議毎に一定の成果が得られています。
 その主なものは、
 1)身体障害者手帳の交付(肝疾患も内部障害に)
 2)肝炎対策基本法の制定と肝炎対策推進協議会設置(患者・遺族委員6名)
 3)肝炎治療への医療費助成の拡充
 4)肝炎・免疫研究センター(国府台病院)の設置と新施設建設
 5)肝疾患連携拠点病院の設置と相談支援センターの開所運営
などがあげられます。この成果は原告弁護団の献身的な努力と支援者(患者・家族・医療者など)の協働作業のたまものだと思っています。

 B型肝炎訴訟も和解合意のための準備作業が始まっています。
 原告弁護団は、6月にも基本合意をめざすとしています。「弁護士武藤糾明の日記 6月中に謝罪・基本合意へ


 大阪では、B型肝炎訴訟を支える会大阪」でも、基本合意後の「B型肝炎患者に対する恒久対策」について、何が必要なのか議論を始めることになりました。

 ぜひ、患者や家族の願いが盛り込まれるようにがんばっていきたいと思います。ぜひ、ご意見をお寄せください。
 また、薬害肝炎訴訟原告弁護団が行っている大臣定期協議とその準備状況なども注目し、できれば連携して活動できればと考えています。
 薬害肝炎訴訟原告弁護団は、今年の大臣協議に向けて厚生労働省に要求書を提出し意見交換が行われました。
 この様子が、古賀弁護士さんのブログで紹介されています。
    古賀弁護士さんのブログ「薬害肝炎全面解決のための要求書」(2011年5月20日付け)」「2011.pdf」をダウンロード


スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:31:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。