■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
すべてのB型肝炎患者感染者とともに「恒久対策」実現求めよう
山梨県立文学館庭園で B型肝炎訴訟、16日に札幌地裁で和解協議期日。その夜、B型肝炎訴訟最高裁勝利判決5周年のつどいが開催されます。
 大阪では、和解協議に向けてB型肝炎訴訟を支える会大阪のニュースレターの作成が進められています。
 支える会のメンバーとして寄稿したものを掲載します。


 すべてのB型肝炎患者感染者とともに「恒久対策」実現求めよう
 原告弁護団の皆さん、長い活動に感謝いたします。
 訴訟活動そのものから、厚労省・官邸・国会議員、政党への要請行動、地方議会への要請行動など様々な活動を粘り強く行われた結果がまもなく和解合意という成果の実を結ぼうとしています。
 16日には北海道でB型肝炎訴訟最高裁全面勝訴判決5周年記念集会が開催されます。最高裁で決着がつけられたはずなのに5年も同病者の皆さんが裁判で闘わなければならないところに、政府の非道さがあるのです。
 和解合意後が戦いの第三幕です。100万人以上いるB型肝炎ウイルス感染者とともに「恒久対策」を勝ち取る戦いです。
 私たち患者は、B型肝炎感染者をこんなに増やした政府に対して、次のような恒久対策を求めています。
 レトロウイルスの仲間であるB型肝炎ウイルスは、ヒトの肝細胞の遺伝子に組み込まれ、例えHBs抗原が陰性化しても感染者は安心できないのです。
 B型肝炎感染者の定期的なフォロー、適切な時点での抗ウイルス剤での治療、発がんチェック、肝硬変患者の腹水・静脈瘤・肝性脳症などの合併症の予防と進行者への治療、肝がんの早期治療と再発抑止などが施されるように医療体制を拡充されることが何よりも望まれます。
 これらB型肝炎患者の療養生活は、抗ウイルス剤の治療も含め相当長期にわたります。精神的にも大きな負担になります。なによりも経済的な負担は大きなものになり、感染者の社会生活をも妨げるものです。
 現在、抗ウイルス剤治療には、医療費助成が行われていますが、毎年の予算措置で行われ、制度的には不安定なものです。恒久対策として担保されたものではありません。法制化などを求めて、恒久的な対策に改めさせましょう。
 また、症状が重くなって日常生活に障がいが出た場合に、提供される福祉・介護・医療サービスが感染者・患者にきちんと提供される真の「障がい者福祉」制度に改善されることも、無くてはならない「恒久対策」であることも忘れてはならないことです。
 政権が不安定な時期にたいへん困難な活動になりますが、100万感染者・患者と力を合わせて、先陣を切る薬害肝炎訴訟後「恒久対策」を求める活動とも連動した活動を展開し、頑張りましょう。

スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:44:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad