■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
がん診療連携拠点病院 がん患者の立場で
ポコと散歩まわりの田んぼも田植えが始まりました。

 6日午後、大阪府がん診療連携拠点病院選定委員会の会議が開催されました。傍聴しました。
 4月から府のがん対策推進条例が施行され、がん対策推進員会の準備も進められています。選定委員会も条例に基づいて、施設の選定だけでなくがん診療拠点病院の診療機能などについても検討する役目が付け加えられました。
 この日の会議は、これまでの選定委員会を廃止し、大阪府がん対策推進委員会・がん診療拠点病院部会と改称され、委員はこれまでの委員に加え、がん診療連携拠点病院協議会(57施設)から府指定拠点病院の代表者を加えることで調整されることになりました。

 また、これまでの懸案事項だった三島地区(高槻・茨木・吹田・摂津市など)と北河内地区(枚方・交野・寝屋川・門真・守口・大東・四条畷)での2か所目の国指定がん診療連携拠点病院の申請について、協議されましたが、昨年度の国の検討結果を踏まえ、今年度の申請は難しいのではとの意見が出されました。



 2次医療圏でのがん診療連携拠点病院が果たす役割として、がん患者の診療を拠点病院と地域の医療機関が連携し、外来化学療法や在宅療養など患者の立場に立って、きちんと治療できる体制づくりをどうするかなど、拠点病院の役割について議論することが必要だと、医師会等の委員からも指摘されました。

 今年度の部会は、国のがん対策協議会や拠点病院の継続申請などに合わせて今後3回程度開催されることも決められました。

 府では、がん対策推進委員会の1回目の会議、肝炎・肝がん対策部会、がん検診部会、緩和ケア部会、患者相談支援部会など11の部会の開催が予定されています。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 06:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。