■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
特定健診受診 肝炎ウイルス検診も追加を!
散歩道で
 7日、近所のかかりつけ医で予約していた「特定健診」を受けました。
 追加で前立腺がん、大腸がん、血液検査(追加)を受け、費用は1,500円。
 受診した医療機関は、自宅から一番近い開業医。説明も丁寧ですが、注射も薬もあまり出さないところで気に入っています。
 不思議なのは、お客さんが少ないことです。近所には、地元出身の女性医師が歴代診療している内科や整形(内科も診療)、総合病院の元部長先生が開業しているクリニックもありますので、競争で負けているのでしょうか。

 聴打診、咽頭、甲状腺、黄疸の確認などを済ませ、ベッドでおなかの腫れや肝臓などを触れてみて、心電図検査、レントゲンの直接撮影、採血を済ませて、レントゲンの結果説明でした。
 血液検査の結果は、金曜日以降に説明を受けることになります。帰り際に採尿を済ませて提出。
 会計も済ませて、1時間ほどで終わりました。
 


 我が家では、実母、妻、息子たちもお世話になっています。実母は他界しましたが、寝たきりになった1年半ほどは1か月に一度は定期的に往診してくださいました。
 残念なのは、大腸がんで他界した父が受診できなかったことです。開業しておられなかったのです。

 私は、前立腺肥大の時の泌尿器科専門医を紹介していただいたり、心筋梗塞の事後定期チェックの64列CT検査などの予約などでいつもお世話になっています。

 残念なのは、問診票に「肝炎ウイルス検診」の項がなくなっていることです。
 ぜひ、特定健診受診者に「肝炎ウイルス検診」受診の有無を聞いてほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 23:56:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。