■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
放射線の勉強会 大阪赤十字病院で
散歩道で
 16日午後、大阪赤十字病院の病院内患者会「のぞみの会」(乳がん患者対象)が、福島原発の事故による放射線の影響について、病院の放射線治療医からお話を聞く勉強会を開催されたので見学させていただきました。
 20人ほどの方が参加されましたが、男性は講師のドクターと私だけでした。

 1時間ほどのつどいでしたが、先生のわかりやすいお話と参加者の質問で、今回の原発の事故による放射線の影響について、理解できたのではないでしょうか。
 質問の中には、広島での原爆の被爆2世の方もおられて、「どうして広島や長崎での原爆投下後、早く町が復旧できたのか」という質問に、先生は原爆が爆発した高度が影響していると説明されていました。福島のように地面に近いところでの「爆発」ではなく相当高いところでの爆発だったからとの説明に、「そうなのか」と合点したものです。

 見学者は、他に大阪市立大学付属病院の患者サポート「ぎんなん」(対象:全がん)、大阪市立総合医療センターの患者会「ルピナス」(参加者は肺がん患者)も来ておられ、終わってから、それぞれの会の紹介や、情報交換などもされ、有意義な患者会交流の場となりました。

 私事ですが、肝がんや狭心症のフォローで受ける造影CT検査。年間5回の検査での造影剤の影響について質問しました。コメントは、やはり腎機能に対する影響には注意が必要だとのこと。MRIに変えても造影剤に金属を使うのでこれも影響については注意が必要とのことでした。


 夜は、中学校区の子育ての会の運営委員会(PTA、おやじの会、保護者OBなど)、私は事務局のお手伝いという立場で参加しました。
 2日に総会が行われ、その反省、今年大きな3つのイベント実行委員会の立ち上げなどが議題でした。対象世帯は約3万世帯。若いお父さんやお母さんが運営の主体、サラリーマンや自営業の方もおられ、久しぶりに元気な「意見」ににも触れることができました。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 08:11:47 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad