■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6/27 抗がん剤等による健康被害の救済に関する検討会が開催されます!
 厚生労働省からのご案内です。
 イレッサ薬害訴訟の対応として、政権・与党などが対応するもののようです。
 他のがん治療薬にも波及する良い成果が出れば良いと願っています。

 以下、厚労省の案内から

 第1回抗がん剤等による健康被害の救済に関する検討会の開催について 
 標記の会議を下記の通り開催いたします。
 傍聴を希望される方は募集要領によりお申し込み下さい。


   記

1.日時 平成23年6月27日(月) 18時00分~20時00分

2.場所 厚生労働省19階 専用第23会議室
     東京都千代田区霞が関1-2-2 中央合同庁舎5号館




3.目的
 医薬品副作用被害救済制度において、がん等特殊疾病への使用が目的とされている医薬品の副作用による健康被害は救済対象外とされているが、近年、これらの健康被害についても救済すべき旨の指摘がなされている。
 これらを踏まえ、抗がん剤等による健康被害の救済に関し、課題を整理するとともに、今後の施策の在り方を検討するため、厚生労働省医薬食品局長の下、法律、医学等に関する有識者の参集を求め、検討会を開催する。


4.募集要領
・ 傍聴を希望する方は、別添傍聴申込書にて6月23日(木)18時までにお申し込み下さい。
お申し込みにあたっては、FAXをご使用いただきますようお願いします。
 (お電話・お手紙によるお申込みは御遠慮ください。)。
 また、回答先FAX番号を必ずご記入ください。
・ 応募者多数の場合は、抽選を実施しますが、できるだけ多くの方に傍聴していただくため、同一の勤務先からの複数名の申込は、内部において調整の上極力1法人1名に絞っていただきますようお願いいたします。
・ 抽選の結果、傍聴できない方には6月24日(木)18時までにFAXで御連絡いたします。
(傍聴可能な方に対しては特段連絡をいたしません。)


(別添)(PDF)
(要綱案及び名簿)(PDF)
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

治療・治療薬 | 12:00:09 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。