■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
難治性C型肝炎の治療 瀉血 脂肪・高血糖の管理を
角田先生講演会 配付資料1脂肪が発がんリスクを高める糖尿病患者の死因 肝がんと肝疾患を合計すると1位 3日午後、大阪府立中央図書館(東大阪市荒本)の会議室をお借りして「難治性C型肝炎の治療」について、奈良市立病院消化器肝臓病センターの角田圭雄先生にお話をしていただきました。
 お話のテーマは下記の通り
 1)C型慢性肝炎のインターフェロン治療
  ・治療ガイドライン2011
  ・C型慢性肝炎治療の難治要因
 2)ウイルス排除が不可能な難治例の治療
  ・肝臓用剤
  ・インターフェロン少量長期投与(共同研究のまとめを学会誌「肝臓」に投稿中。
  ・除鉄療法(瀉血療法・鉄制限食)
  ・生活習慣病の管理(肥満・脂肪・血糖など)=酸化ストレス、脂肪肝炎

 先生は、東大阪生まれ、各地で講演されておられるが、出生地での講演は初めてのようで、大変喜んでおられました。


 難治性のC型肝炎をどう治すか、管理するかが、脂肪肝炎患者の増加と併せて、先生が取り組んでおられるテーマだそうです。R24チーム、国道24号線沿線の病院の消化器内科医などが中心になって、この分野の研究に力を入れておられるようです。
 ・市立奈良病院消化器肝臓病センター
 ・関西電力病院消化器内科(大阪市)※
他6病院消化器内科担当医師らで共同研究されています。
  ※印は、国道24号から相当はずれた施設

 先生のお話の中で、糖尿病と体脂肪が、肝発がんのリスクをそうでない場合と比べると相当あげるとのことです。ウイルスのコントロールと併せて、食事や運動量など生活習慣の是正が、私にとっても大事であることが再認識されました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

講演会・セミナー・交流会 | 23:52:36 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad