■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
検診対策の課題は多く 大阪府がん対策推進委員会 移行調整会議
 7日夕方、大阪府がん対策推進委員会制定に伴う大腸がん、乳がん部会の2つの調整会議を傍聴しました。
  
■ 大腸がん部会
 傍聴者:医師会事務局、患者団体から5人

  部会メンバーの追加 治療部門の専門家
    ベルランド病院 外科医
    成人病センター 外科医
  メンバー調整中 2人(医師会、保健所長会)            

  無料クーポン券が配布されます。(受診者に渡す手帳のひな形ができていません。)
  それに伴って精密検診受け入れ医療機関の現状調査が始まっています。
  対象は2026施設、調査用紙返送〆切りは7/8
  
  ○検診率が上がれば、精密医療機関の受け入れがパンクする地域がでるのでは?
  ○内視鏡検査を受けることに抵抗感があるのでその改称の啓発活動が必要
  ○検査容器を郵送でやりとりすると郵便ポストの中の温度上昇など、検査(免疫反応)の精度劣化がある。検査材料の取り扱いについて検討する必要がある。
   



■乳がん部会
 傍聴者 医師会事務局1人、患者会から7人。
  
 小山世話人代表 附属機関運営規則により年齢オーバー 8月退任(その後は顧問格に)
 部会メンバーの追加 成人病センター外科医
               阪大 外科医
  部会メンバー調整中 府医師会、保健所長会
  
  ○精度管理 検討を要する自治体もあり
  ○問診票から検診者に渡す報告用紙まで一連の様式を統一する必要があるのでは
  ○読影医師(認定医)の能力が十分活かされていない場合もある。更新手続き(読み取る能力が落ちる)こともあるので、読影希望医師の有効活用を考える必要がある。
  ○地域によっては、読影医師が不足している
  ○読影専門医の更新テスト、更新率が落ちている
  
 ※乳がん部会は、傍聴者全員がオブザーバー扱いとなった。下記意見が出された。
  ・委員に女性を加えること(患者にこだわらず)
  ・乳がん検診を受けやすい制度にしてほしい。
   1)検診従事者を女性に
   2)受診施設をわかりやすく明示してほしい
   3)日曜・休日、夜間などの検診も行ってほしい
など、意見が出されました。

■長男が帰阪しました。
 東京に住んでいた長男が自宅に引き上げてきました。ニート状態です。ハローワークに行ったりしていますが、うまくいきません。外出しても下痢をして、帰宅してシャワーを浴びています。このことも仕事が続かない理由の一つのようです。
 先週から学校時代の後輩に誘われて、NPO法人のボランティアに参加しています。

■次男、上司から進められて有給休暇
 秋から仕事が忙しくなるので、有給休暇を今のうちに消化しておいてと言われ、7日はお休み。大学時代から使っていたノートパソコンが古くなったとブツブツ。母は、この間のがんばり(業績、社長との会食等々)のご褒美に、パソコンをプレゼント。お古を連れ合いが使うことに。母子ともにパソコンショップに。お目当てのもの(ゲームができる高機能機)がなく、すぐに帰ってきました。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

医療を考える | 23:11:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad