■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
B型肝炎 医療費助成 説明受けられず
世界肝炎アライアンス加盟組織のロゴマーク
 8日、肝臓友の会で電話相談担当。
 数件の相談を受けました。驚いたのは、山陽地方の大病院でB型肝炎の抗ウイルス剤の治療を受けておられる方が、施設の方から医療費助成制度の説明を受けておられなかったことです。
 患者会には、薬代が高額で年金生活者には答えるという内容。最寄りの保健所で申請用紙をもらって、病院の医事課(医療相談窓口)で相談をするようにお伝えしました。

 患者会のことは、居住地の市役所で教えていただいたと行っておられました。医療費助成制度の認知度が低いことが大きな問題です。

■英語ができない問題
 日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)の役員の高齢化とともに、英語ができないことも困ったことになってきました。
 7/28世界肝炎デーが迫ってきました。世界の肝炎患者会の組織、「世界肝炎アライアンス(世界肝炎同盟)」の加盟について昨年、外資系企業の社会貢献活動で申請書などの英訳などお手伝いいただき手続きを進めてきましたが、第三者を介しての連絡はやはり不自由です。
 仲介の労を執ってくださる方の事情で、世界肝炎アライアンスとの連絡が、今年5月に途絶え、政府機関に相手側から問い合わせのメールが届きました。



 なんとか私宛に英文メールを受け取り、関東圏の幹事さんに翻訳をお願いし、内容を役員で検討して、対応を早急にとる段取りを進めています。
 写真は、日肝協が世界肝炎アライアンスの加盟組織であることを示す「ロゴ」です。

 英語ができないことは世界で活動ができない、決定的な障害ですね。

■がん診療連携協議会・がん診療情報提供のあり方検討部会
 大阪府内のがん診療拠点病院の相談支援センターの担当者の会議が開催される旨の案内が、会議を運営される担当のドクターから届けられました。
 患者会の傍聴の門戸が拡大されたようです。はじめて文書での案内です。
 これも「大阪府がん対策推進条例」施行の成果でしょう。
 担当者会議の公開、医療サービスの改善の努力の第一歩です。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:09:11 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。