■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
内視鏡の日 啓発と企業の社会貢献
朝日、日経などの7月17日に掲載されたCM 内視鏡の日
 父とその兄弟3人が大腸の腫瘍関連で他界しています。市の大腸がん検診を受けるようにしていますが、便の潜血反応(免疫法)だけです。
 7月14日は内視鏡の日、こんなのがあるんだと新聞広告を見て知りました。胃カメラは食道静脈瘤のチェックのために、主治医などのすすめによって年1回受けています。
 でも、大腸ファイバースコープは、未経験です。

 7月28日は、「世界肝炎デー」。
 ウイルス検診用検査薬キットやウイルス肝炎治療薬のメーカーで、このようなCMを掲載し、気づかない感染者の掘り起こしや早期治療に結びつく社会貢献活動をしてくれないものでしょうか。


CPRトレーニングボックスCPRトレーニングボックス心臓マッサージ、AED訓練用人形で救命救急講習会異風景 ■救命救急講習会
 16日午後、私が狭心症のチェックで利用している病院の利用者組織「健康友の会」と市立病院の元職員などで運営しているデイケアセンター、その周辺の町会自治会共催の救命講習会(心臓マッサージとAED利用訓練)に参加しました。

 人が倒れていると
 1.周りの安全確認
 2.出血していないかどうかの確認(出血している場合は、ビニール袋など身の回りのもので手を保護)
 3.肩などを強くたたき、大丈夫ですか大声で呼びかけ、意識があるかどうかの確認
 4.息をしているかどうか、口や鼻の近くを確認、首筋などで脈の確認
 5.周りの人をたくさん集め、119番通報、AEDをとってきてもらうように大声で頼む
   そのときに必ず帰ってきてくれることも頼む
 6.心臓マッサージの開始
   乳首の間、胸の真ん中の平ぺったい硬い骨(胸骨)の上に、手のひらを当て、その上からもう一方の手のひらをくむように当てて、強く圧迫する。(1分間に100回)
 7.救急車がくるまで心臓マッサージを続ける。
 8.AEDが届いたら、胸を露出させ、AEDのパットを右肩と左脇腹に貼り付ける
   AEDを取り出しふたを開ける(または電源スイッチを入れる)と自動音声案内、したがって操作を進める
   その間も指示に従い心臓マッサージを続ける
 9.心臓マッサージを続けることは相当しんどいので、何人かで交代しながら続けることが大事
   交代時は1.2.3ですぐに交代し間隔を空けないこと

町会館
 会場の町会館がすてきだとの評判でしたが、本当にすてきな町会館でした。
 心臓マッサージの訓練用簡易キット、スポンジとボール紙の箱でできていて、適度な力が加わると埋め込まれている笛から音が出ます。音の間隔で心臓マッサージのスピードが確認できます。
 30人が参加し、盛況でした。指導者は、循環器科の医師(副院長)とそのスタッフ看護師3人。

 終了してから、会場周辺の中学校区の健康友の会会員訪問(地図落としと調査項目づくり)の相談を役員さん宅で行いました。9月からの訪問にむけ、8月中には完成させなければなりません。

■夜は、地元の市会議員さんの市政懇談会に参加しました。
 7月の市職員定数条例の改正で、10人の増員が可決され、市南部(和歌山県との府県境)への消防出張所の増設のための消防救命救急職員20人の内の半分が配置されることとなったと説明がありました。
 119番通報後、6分以内に救急車が駆けつけるための措置だそうです。

 山間部もあり、救命救急の難しい地域です。
 連れ合いの友人(女性)も、今年ロッククライミングの練習をしていて、転落して亡くなりました。
 消防出張所ができ、救急車が配置されると助かっていたかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

ニュース | 23:33:34 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。