■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
世界肝炎デー 日本WHO協会もHPで。日肝協では
世界肝炎デー WHOのポスター 写真は第1回世界肝炎デー(7/28)、WHOのポスターの1枚
 日本WHO協会もHPで紹介しています。
 日本WHO協会 「7月28日は初めての世界肝炎デーです」

 同協会の「世界肝炎デー」についての説明文から抜粋します。
 WHO総会で、毎年7月28日を世界肝炎デーとすることが決定され、今年がその第 1回に当たります。
 WHOでは世界肝炎デーのイベントを通じて、ウィルス性肝炎に対する感染予防、スクリーニング検査の拡大及び肝炎に対する適切な治療によるコントロールの重要性、B型肝炎に対するワクチンの普及などについて、地球規模の協力関係を作り上げようとしています。
 この世界肝炎デーが正式に決定するまでには、世界のB型・C型慢性肝炎の患者によるNGOのWorld Hepatitis Alliance (以下WHA) が中心となって強力な活動を行ってきました。
 WHAは、2008年より 5月19日を世界肝炎デーとして、特にB型・C型慢性肝炎の患者数がHIV感染者や癌の患者よりも多いにもかかわらずウィルス性肝炎に対してグローバルに意識が極めて低いこと、又かなりの人が感染しているにもかかわらずそのことに気付いていないこと等について積極的に啓発を続けてきています。
 WHAのこのような活動により、世界75カ国のNGO、保健医療の専門家グループ、一般市民等で世界肝炎デーのイベントが運営されるようになり、これらを背景に昨年 5月のWHO総会でWHOの公式な記念日とすることが正式決定されたものです。

 日本WHO協会理事長の関淳一氏は、大阪市立大学医学部の講師、大阪市環境保健局長、同市助役、市長(第17代)の経歴を持つ方です。




日肝協「肝臓のなかま」92号表紙 (未完成)
 「世界肝炎アライアンス」(WHA)への加盟が認証された、日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)では、世界肝炎デーの当日に、「肝硬変・肝がん患者等の療養支援を求める国会請願」行動や衆議院議員会館での院内集会を行い、各政党からご挨拶をいただく計画を進めていました。
 諸般の事情で請願行動や院内集会は8月11日に延期され、その準備が行われています。(日肝協のブログ参照

 また、日肝協では、世界肝炎デーに合わせて、情報誌「肝臓のなかま」の発行準備をしています。版下はできあがり、今日19日にも「低料第三種郵便物」の発行番号をいただくことになっています。
 写真は、作成途上の「肝臓のなかま」92号の表紙です。(印刷はモノクロです。)

 目次から内容を紹介します。
  ・基本指針告示、肝炎患者を救えるか     ・・・・  2
  ・B型肝炎訴訟 和解合意と患者感染者の救済は・・・・ 16
  ・治療新ガイドライン・治療ネットワークを  ・・・・ 21
 B5判、42頁。頒価200円
 申込は、日肝協まで電子メールで。 アドレスは、mail@jlpc.orgです。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:18:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。