■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
省ぐるみの世論誘導事件告発 薬害イレッサ訴訟院内集会
薬害イレッサ訴訟 院内集会 27日午後、衆議院第二議員会館会議室で「薬害イレッサ訴訟院内集会」が開催されました。
 前日から上京していましたので、勉強のために参加しました。
 この日の集会は、東京や大阪地裁で行われていた裁判で、裁判所が和解勧告を出し、被害者である原告は和解を希望したのに国が控訴。その前に、厚生労働省が省ぐるみで関係学会に見解の下書きを提示し、その意を受けた学会が「見解」を発表、報道機関がその内容を報じ、世論誘導するという問題の本質を明らかにする集会でした。

 薬(抗がん剤)・患者・医師(医療者)・学会・製薬会社などの関係を考えさせられる集会でした。
 また、民主党の参加された議員の方々も、「薬害イレッサ問題の解決をめざす民主党議員の会」会長・副会長・事務局長さんらたくさんの方々が激励の挨拶をされるなど、勢いがありました。(弁護団報告
 弁護団:いわゆる『下書き』提供問題調査報告書に対する声明を発表しました


 前日(26日)午後、日本製薬工業協会(製薬協)で第2回患者会アドバイザリーボード会議に参加しました。
 今回のテーマは、「情報提供」でした。
 患者会メンバーは9人の参加、製薬協の担当者が5人。他に製薬協のオブザーバー(覚醒薬会社)が多数参加されました。
 参加された患者委員からは、製薬協のめざすもの、この会議に期待するもの、患者委員から出された意見について、できるものできないものなど忌憚のない意見をまず協会のお考えを聴きたいというのが共通する意見でした。

 私は、肝炎・肝硬変・肝がん患者に処方される薬などに関し、
 1)薬の開発の進行や中止は、製薬会社と著名なドクターで決められてしまって、患者の意見をいえる場がないこと
 2)同様の効能効果があるお薬のうち、どのように選択されて処方されるのか、その情報が示されない
   可能な場合は、患者の側の選択権も尊重されるべき
 3)患者が使用する薬の場合、主治医が処方箋を書き、薬局薬剤師が調剤し、患者が受け取る。このときに薬剤師と医師の間の患者の状態の情報がきちんと伝えられているのか。薬剤師さんから薬の飲み方などの注意点は説明があるが、飲み続けていて体調の変化などの確認などが行われべきでは?
 4)治験審査:患者もきちんと入れて、きちんとした審査を
などお話ししました。
 2時間の会議なので、協会側からの説明と患者委員が一通りすべて発言すると、あっという間に予定時間になってしまいました。
 次回は10月に開催されます。年度内に3回開催される予定です。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:38:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。