■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
治療法などで「肝炎・肝硬変・肝がん患者が求めるもの」
鏡が池のほとりで 患者会で来年度政府予算編成について要求活動をする中で、議員さんから「治療薬、治療機器、治療法などで何を求めているのか」との質問を受けました。
 私が現在考えていることをまとめてみました。

1.診断機器について(肝硬変)
フィブロスキャン(超音波で肝臓の硬さを測定する):肝発がんのリスクの判定、承認申請中

2.治療薬と治療選択に関する遺伝子検査
 ①難治性C型肝炎患者に対するインターフェロン少量長期投与(医療費助成適用を)
 ②C型肝炎・患者とウイルス側の遺伝子検査について
  <資料> 岡山大学解説資料
    http://www.okayama-med.jrc.or.jp/category/internal_medicine/liver/pdf/liver_c.pdf
    ・奈良市立病院 角田医師(消化器内科肝臓センター部長)解説資料(11/07/03)



3.肝がんの治療器具・機器
 A.肝癌塞栓療法用塞栓剤;血管塞栓用ビーズ
 SAP-MSという球状塞栓物質。この塞栓物質はすでに欧米では認可され、血管内治療に用いられています。この塞栓物質は高吸水性ポリマーでできているため、液体を吸収して大きくなります。ほとんどの抗癌剤を吸収することができ、組織中でゆっくりと抗癌剤が溶け出すことがわかっており、実際の治療に応用(国内治験実施中)
   http://www.igtc.jp/shiminnnotameno.pdf
2)血管塞栓用ビーズ「HepaSphere™ Microspheres」(日本化薬):
http://www.nipponkayaku.co.jp/news/2009/20090420095623.html

B.ラジオ波治療(改良型焼灼針)の承認を

4.肝硬変・肝癌の治療法
A.肝硬変症に対する自己骨髄細胞投与療法(山口大学医学部・坂井田功教授)
高度・先進医療申請中
 肝細胞研究会 http://hepato.umin.jp/kouryu/kouryu06.html
山口大学医学部 坂井田氏ら http://www.nms.ac.jp/jmanms/pdf/005010027.pdf
B.凍結療法:2002年から臨床研究
超音波画像で患部を確認し、針を刺し針にアルゴンガスを循環させて1分以内にマイナス140度にまで下げて一気にがん細胞を死滅させて、すぐに1分以内に常温に戻して細胞を溶かします。急激に温度を変えるので細胞が壊れるという仕組みです。
C.肝癌に対する化学療法の研究促進
 D.肝硬変の進展回避のための薬物・食事・運動療法の研究と成果の普及
以上
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:57:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。