■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
閣議で B型肝炎訴訟賠償財源とその立法化方針決める
 8/11に行われる日肝協国会請願行動、8/7の大学肝臓病公開講座申し込み手続きなどの準備のために事務所へ。
 いくつかの電話相談で、薬害やB型肝炎訴訟に関するご相談がありました。
 その多くで指摘されるのが、提訴手続きでの線引き問題。相談者の不満は、医原病なのに政府からの賠償や謝罪は提訴できた方だけなのか?です。

 私も同じ感想です。
 そんなおりに、厚生労働省のサイトに、細川厚生労働大臣の記者会見の内容が掲載されました。
 B型肝炎訴訟での和解語彙にもとづく賠償金(給付)の財源、そのルール作りのための立法についてでした。
 その部分を抜粋して紹介します。

 これを読んで、B型肝炎やC型肝炎など医原病の原因となった“不衛生な”注射針と筒の使い回しを放置した当時の“政府の”公衆衛生行政の責任を現在の政権はとるのか当時の公衆衛生行政の検証を行う体制も作ってから財源問題云々をいうできでしょう。


細川大臣閣議後記者会見概
    (H23.07.29(金)9:58~10:20 省内会見室)
               【厚生労働省広報室】
   http://www.mhlw.go.jp/stf/kaiken/daijin/2r9852000001kwwd.html

《閣議等について》
(大臣)
 閣議・閣僚懇が終わりまして厚生労働委員会がございましたので、そちらの方に出て、こちらに参りました。
 今日、まず1つ目にご報告をいたしますのは、B型肝炎訴訟の全体解決の枠組みの基本方針が本日の閣議で決定したことです。これは6月28日に基本合意書が締結され、同時に表明されました政府の基本方針に基づいて、本件の全体解決に向けた枠組みの構築をしていく検討をしてきたものが、本日、閣議決定をしたところです。
 本日の閣議決定は、集団予防接種によりますB型肝炎ウイルスに持続感染をいたしました、今訴訟を起こしている訴訟提起者だけでなく、未提訴者も含む本件被害者の方々に対して、確実に給付金等をお支払いする為に必要な法案のスキーム、財源などを盛り込んだもので、本件の全面解決に向けた1つのステップであります。
 本件は、かつて例のない非常に大きな広がりを持つものでありまして費用も多額に上りますが、被害を受けた方々の給付を確実にする為には、給付に見合った財源を確保する必要があります。その際、本件の原因が集団予防接種であることを踏まえて、国民全体で広く分かち合う観点に立ちまして、今般その費用を税負担によってまかなうことをお願いすることになります。ぜひとも、国民のみなさんのご理解、ご協力をよろしくお願いする次第であります。
 私といたしましては、集団予防接種によりますB型肝炎ウイルスの被害に苦しむ方々への給付に万全を期すことが出来るように、引き続き本件の全面解決に向けて所要の法案の成立を目指してまいる所存でございます。

(記者)
 B型肝炎についてお伺いしたいのですが、7000億を増税で確保するということですが、広く国民の理解を得ながらということですが、こういった増税方針に国民の理解は得られると大臣はお考えでしょうか。

(大臣)
 私は、このB型肝炎訴訟の問題については、これは予防接種で注射器の連続打ちなどそういうことでこういう被害が発生したわけです。多くの方は国が行ってまいりました予防接種によりまして、病気にならずに健康でいられ、そして仕事もできたということでありますけれども、残念ながら一部の方がB型肝炎にかかったということを考えますと、この予防接種のおかげで健康な方々によって、被害に遭われたみなさんの賠償問題について国民みんなで分かち合うということが大事なことだと思っております。国民のみなさんに負担を求めていくことは、私はご理解をいただけるのではないかと思っております

(記者)
 関連なのですが、増税の前例としては、酒税やたばこ税がありますが、広く国民に負担を求めるという観点からこういった税目が意味に合うかどうかということについては、大臣はどうお考えですか。

(大臣)
 これは、これから決めていきます。税制調査会の方で議論していただいて、どのような税目でいくかということなどは、調査会の議論でいろんな観点から議論をされるのではないかと思います。

(記者)
 この1000億について厚労省の遊休資産の売却等により運用で対応するということなのですが、厚労省で捻出する理由と、具体的に1000億という多額ですが、より具体的な方法があるのかどうかをお聞かせ下さい。

(大臣)
 これは、5大臣会合などでも国の方の歳出削減などをしてこれに充てるべきだと、とりわけ所管の厚生労働省でも努力してほしいという議論を出されまして、厚生労働省としてはできる限りのことを検討いたしまして、この0.1兆円という数字で協力するということにいたしました。財源などにつきましては、いろいろ考えましたが、厚生労働省が財源を捻出することについて、厚生労働省が担当している社会保障の部分を削減してそれに回すということがあってはならないという観点から工夫して努力いたしまして、私どもとしたら基金の剰余金であるとか、あるいは遊休資産の売却などを行って5年間で1000億円を何とか捻出したいと考えているところでございます。

(記者)
 確認なのですが、1000億について社会保障からは絶対に削減して充てないということでよろしいでしょうか。

(大臣)
 私の考えは、そういう考えであります。

スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:32:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad