■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
お盆に告知
11815造影CT 動脈相11815造影CT門脈相 15日午前、放射線科専門クリニックでの造影CT検査を受けました。
 10:30の予約で10時前には受付を済ませました。既にたくさんの方がお待ちでした。お盆なのに混んでいました。院長先生の診察(問診)は11時過ぎになりました。5月の造影エコー検査の診療情報提供書を持参していたので、それに目を通していただき、これまでの循環器科造影CT検査(7月)の結果等も説明し、検査指示書(アレルギー止めの強ミノC60mlの追加)などをいただき、待つこと10分ほどでCT室から呼ばれました。



 造影CT検査が終わって30分ほど待つと院長診察室に呼ばれ、入室。先生の前にディスプレーが2台。それぞれに、昨年春の血管造影検査の画像、その後の造影CTの画像、患者説明用のディスプレーに今回の結果画像などが映し出されていました。
 先生にご挨拶するなり、そのディスプレーに目をやると、私でもすぐわかるような大きな影が映し出されていました。
 先生からの説明です。
 昨年の血管造影検査の絵を示しながら、
 S8部位の前回治療した部位のあたりに再発しているようだ。前回治療で残ったものが大きくなっているのかもしれない。その部分の周りの血管が細く縮んでいるようになっているので塞栓療法よりは、ラジオ波などの治療が良さそうだ。前回のラジオ波治療を受けた先生と治療法についてよく相談してください。
ということを説明していただきました。
 塞栓療法も、カテーテルが昨年よりも細い材料が入手できるようになったから、必要なら塞栓療法もできると説明もありました。
 最近注目している動脈同時門脈塞栓についてお尋ねすると、壊死する肝臓の領域が非常に広く、私の場合には勧められないとのことでした。

 昨年4月のラジオ波治療から1年4ヶ月目の再発見。前回の治療の部分での再発でまだよかったです。他の部分(多中心性)でなくてよかった。
 会計を済ませると1時前でした。

■午後からは、自宅で昼食をとり、会の事務所へ。事務局次長のIさんが、会員管理名簿の修正作業を行ってくれていました。夕方からお仕事です。16時までに完了してくれて、新しい名簿を完成させていただきました。仕事に向かわれました。Iさんは患者さんではありません。ご家族が患者さんです。がんばりに本当に感謝しています。
 電話相談が3件。なかでもまだ若い女性(B型肝炎)の出産後の肝発がん治療後のご相談には、自身の告知直後でもありびっくりしました。
 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:56:28 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad