■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
C型肝炎 データマイニングで 治療効果、肝発がんリスクの予測
2008年5月、泉並木先生のデータマイニングを使った発がん予測(日経ラジオ社・メディカルキューから) 左図は2008年5月、泉並木先生のデータマイニングを使った発がん予測(日経ラジオ社・メディカルキューから)

 21日、「アジア太平洋肝がん専門家会議『肝臓病で命を失わないために』公開講座」に参加しました。
 朝日新聞の広告欄で大きく案内が掲載されたためか、暑く雨模様でしたが会場いっぱいの参加者でした。
 私は、泉並木先生と工藤正俊先生の講演を聴いて途中退席しました。

 患者会の会報発送の段取り(自家印刷、封筒詰めの準備)で、夜までかかってその処理をしました。

 泉先生のお話は、大変参考になりました。データマイニングの手法で一般肝機能検査(ALT、γGTP、血小板、アルブミン、AFP値など)と年齢の数値を使って、C型肝炎患者さんのインターフェロン治療効果予測と肝発がんリスク予測をしようというものです。その成果をリーフレットにまとめ、一般開業医向けに配布するとした内容を説明されました。



友の会だより 11年8月号外
 講演会を早退し、封筒の調達、封筒面への印刷、友の会だより号外の印刷などを済ませました。

■読売 24時間テレビ
24時間テレビ 錦戸が見たがんと闘った少年の力
 徳光さんがマラソンに取り組んでいると報じていましたので、夕方帰宅した折りにテレビを付けてみました。
 偶然ですが、神戸の夢の病院建設に取り組んでいるチャイルドケモハウスの田村事務局長さんご夫妻のお顔が映し出されていました。
 「24時間テレビ 錦戸が見たがんと闘った少年の力」田村結人(ゆうと)君の物語です。
 小児がんと闘う結人と支えるご両親と友達の物語です。
 ユーチューブで流されています。是非ご覧ください。
  http://www.youtube.com/watch?v=39uFfYZXVys
  http://www.youtube.com/watch?v=Mk_FqCwbZfM


スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

療養日記 | 23:36:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad