■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
難治性のC型肝炎の治療は?
友の会だより141号版下準備原稿から 1友の会だより141号版下準備原稿から

 インターフェロン治療に何度か挑戦したが、ウイルスが無くならない、どうしたら秋にも出る新薬は期待できるのか?というご相談をよくいただきます。
 また、ALT値が3桁近い方からもインターフェロンは副作用がきつく、これまで目標期間続けることが出来なかった、肝庇護剤の治療を続けているが、思うようにALT値が下がらないとのご相談もあります。

 上記のことを受けて、大阪肝臓友の会で7月3日、「難治性C型肝炎の治療は? ~瀉血療法から生活習慣病の管理まで~」を奈良市立病院消化器肝臓センター部長 角田圭雄先生にご講演をお願いしました。
 先生のお話は、難治性C型肝炎患者さんの対処法にわかりやすく解説いただいたものになりました。

 その後、テープ起こしを友の会の会員さんご夫妻にお願いし、私の方で会報版下形式に仕上げ、角田先生に校閲をお願い、先日返送されてきました。講演で使われたパワーポイントのデータもいただきましたのでそのいくつかは使わせていただきました。


 28日午後、西宮市で「ウイルス性肝臓病の最新治療」(講師:兵庫医科大学病院教授西口修平先生、主催:西宮難病連)が開催されました。西口先生のお話はいつも治療の本質を突かれ大変参考になっています。無理をして西宮まで出向きました。
 B型肝炎とC型肝炎についてお話しされました。
 Cについて、前項の角田先生と共通のテーマ「難治性肝炎患者の治療法の選択は」の部分についてご紹介したいと思います。

1)この秋にでるテラプレビルは、ペグイントロン+レベトール+テラプレビルの組み合わせ、インターフェロンに反応しない患者には、効果が望めない。
 また、テラプレビルも副作用がきつく、治療に私用できる医療機関に制限がつくはず。どこでも出来る治療ではない。
2)様々な抗ウイルス剤の治験が始まるが、その多くはインターフェロンとの組み合わせ。インターフェロンが効かない患者では完治は難しいだろう。
3)来春くらいから治験が始まる(世界同時:日本での治験症例数は少ないだろう)2つの抗ウイルス剤による治療効果は期待できそう。副作用も少なくウイルス排除も効率で期待できそうだ。一般的な治療に使えるようになるまでに5年以上はかかりそうだ。

 以上のことから、50-70歳のC型肝炎患者は、肝発がんのリスクが高いので、新薬の登場までの間、漫然と待つだけでよいのか?
 肝発がんのリスクが高ければ、完治は期待できなくてもインターフェロン治療などで、発がんリスクを下げる対応が必要だ。

 ざっとこのようなお話でした。角田先生のお話を合わせて考えれば、当面の対処法の参考になります。
 また、8/21に国際交流センターで行われた泉並木先生のデータマイニング手法を利用したC型肝炎患者の肝発がんリスク予測も、治療対処法を考える上で強力な武器となります。
 このデータは、一般内科医向けパンフレットにまとめられるようです。

スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:02:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad