■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
かかりつけ医にしかられる
 糖尿病予備軍、狭心症、高血圧を抱え、生活習慣病で久しぶりに近所の家庭を受診しました。早朝、わんこの散歩に、大変からだがだるく動きづらかったので、患者会の用事を済ませてから久しぶりの受診です。
 血圧が高く(150-100)、バイアスピリンに加え、血圧の薬も追加されました。念のために採血も。

 しんどかったのも朝食を食べるとけろっとして、元気になりました。飢餓だったのか、そんなことはないのですが。



 長らく受診せず、循環器科、放射線科クリニック、肝臓内科、造影エコー検査のクリニックなど様々な医療機関を受けているのですが、家庭医から紹介状をいただいて受診した循環器科からの診療情報提供書しかかかりつけ医に届けられていないために、「あなたの状態がさっぱりわからない。家庭医の役割が果たせない」としかられました。

 肝がんの治療やB型肝炎のコントロールをしていただいている肝臓内科医からの診療情報提供書を家庭医にも書いていただくことに頼んでみよう。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

療養日記 | 23:38:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。