■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
「ペガシス」B型肝炎治療費助成対象に、肝炎研究戦略研究10か年に
■厚労省 肝炎治療戦略会議を傍聴しました。
 以下、その内容を報告します。

 厚生労働省の「肝炎治療戦略会議」(座長=林紀夫・関西労災病院長)」は、9月8日に今年度第1回目の会議を開催しました。(会場:合同庁舎5号館12階会議室、13-15時)

 メンバーは、
 座長 林紀夫氏(関西ろうさい病院院長)
 座長代理 熊田博光氏(国家公務員共済組合連合会虎ノ門病院分院長)
泉並木氏(武蔵野赤十字病院副院長)
岡上武氏(済生会吹田病院長)
金子周一氏(金沢大学大学院医学系研究科恒常制御学教授)
坪内博仁氏(鹿児島大学大学院
    医歯薬総合研究科消化器疾患・生活習慣病学教授)
保坂シゲリ氏(日本医師会常任理事)
八橋 弘氏(国立病院機構長崎医療センター
        臨床研究センター治療研究部長)
脇田字氏(国立感染症研究所ウイルス第二部長)

1.医療費助成について
 B型肝炎「ペガシス」 ペグインターフェロンα-2a(薬価収載済み)
対象 HBV-DNA(B型肝炎ウイルス核酸)陽性の慢性活動性肝炎で、
肝がんを合併していない患者。
助成期間 1年(48週間)以内
助成回数 1回(過去にインターフェロン治療の医療費助成を受けた患者も対象に含める)

 C型肝炎 テラプレビル(薬価収載後に医療費助成実施できるように10月末
を目途に次回戦略会議を開催検討を行う)




2.肝炎研究7か年戦略
 1)7か年戦略前半の研究成果について
56件の研究課題について検討し、
7.C型肝炎に関する抗原虫薬の効果に関する研究:製薬会社が開発を中止したので研究も取りやめる方向で意見一致
15.機能性食品によるウイルス性肝炎の病態の改善に関する研究(継続するか検討を要する)
○新規に期待される研究課題
 HBs抗原消失を目標とした治療法の確立など12項目があげられた

 2)戦略に関する数値目標(意見をまとめるのは次回会議で)
B型肝炎臨床的治癒、C型肝炎根治率
非代償性肝硬変の5年生存率25%から引き上げ
進行肝がんの5年生存率を25%からの引き上げなど。
他に意見として、進行肝がんに関する治療指針作成など3点が挙げられ た。

 3)戦略期間について
B型肝炎の発症や根治をめざす薬の開発を目標に据え、2012年度を初年度として10か年戦略とする。

3.その他
 8日付読売新聞朝刊で報道された「治癒B型肝炎、新薬治療で劇症化…18人死亡」(読売新聞)の件について意見交換されました。
 その中で指摘されたのは、リウマチやがん患者で免疫抑制剤や抗がん剤を使う前にB型肝炎ウイルスの存在を確認する検査(HBs抗原・抗体、HBc抗体)を行うと保険では認めてもらえない。これを解決しなければならないと指摘されました。

4.健康局長の閉会の挨拶
 C型肝炎の治療では、テラプレビルが承認され、薬価収載も年内にも行われる予定。
 それまでに次回会議を開催したい。
 戦略研究の数値目標もその折りに検討し意見をまとめてほしい。

以上です。




スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:56:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad