■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
仕事に熱心なあまりに
 メタボ検診を受け、その結果、メタボだそうです。おまけに心筋梗塞の既往歴もあり、高血糖気味で脂肪肝もあります。
 市の保健センターから電話があり、9月23日にメタボ解消トレーニング講座が始まるとの案内をいただきました。
 「20日から肝がんの治療のために参加できない」とお断りすると、「毎月行うので10月はいかがですか」とおっしゃるのです。「10月もすでに名古屋への出張が決まっている」とお断りすると、「11月はいかがですか」とすすめられました。「11月に参加することにします」とお返事すると「案内書をお届けします。お待ちしています」と電話を切ってくれました。

 メタボ検診、検診率を上げ、要指導者へのフォローをきちんと行う、健康増進の係のお仕事の熱心なことは理解できますが、がん患者への配慮が全くありません。保健センターは、がん検診を行い、要精検者を医療機関に誘導し、早期治療へというお仕事もされているわけです。お見舞いの言葉の一つもあってもいいと思うのですが・・・。




 私の住む町の市立病院には、昨年、緩和ケア病棟がオープンしました。また同年、肝臓病センターが開設され大学病院から助教の経歴を持つセンター長も就任しました。
 検診から治療、緩和ケアまで市の業務はがん対策ですべてカードがそろったわけです。
 システムができ、施設もそろい、人も配置されました。でも、それぞれの部署の心遣いが大事だと気づかされたメタボ検診後フォロー事業の出来事でした。
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:38:23 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad