■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
肝炎患者支援手帳「健康手帳 L」準備進む
肝炎患者支援手帳「健康手帳L」
 大阪府肝疾患連携拠点病院協議会では、「健康手帳 L」(肝炎患者支援手帳)の作成準備が進められています。8月19日に開催された、府の肝炎肝がん対策部会(部会長 林紀夫氏)で出された意見などを踏まえ、また肝炎医療費助成事業の改正(B型へのペグインターフェロン治療、C型へのテラプレビル治療への助成)、肝硬変患者の地域連パス作成などを踏まえ、案の見直し作業が精力的に行われているようです。
 17日に担当されている方に伺いましたところ、11月には完成させ、今年中(できるだけ11月下旬)には、お披露目のイベントを行いたいとのことでした。

 「健康手帳 L」が完成したら、お披露目イベントのチラシとともに友の会の会員さんには全員に届けることも、会の役員会で検討を始めます。
 写真は、「健康手帳 L」の医療者が記入する「地域連携パス」の目次部分の案です。


 この手帳の便利なところは、「地域連携パス」欄が設けられていて、医療機関で受けた検査結果は医療機関で記入するようになっていることです。
 地域連携パス:専門医療機関とかかりつけ医(家庭医など)との連携用のものです。画像検査やインターフェロン治療の治療法、肝がん治療などは専門医療機関で行い、インターフェロンや肝庇護剤の処方、強ミノの注射、肝がんや肝硬変の患者さんの治療と治療の間の日常的な診察や相談は、「協力医療機関」(かかりつけ医など)で行う。そのために検査データの医療機関同士の共有を地域連携パスを掲載した「健康手帳 L」で行おうとするものです。

 心配するのは、この「健康手帳 L」を今年、完成してから会員に配布し、それぞれの会員が受診時に主治医に手帳を見せて、きちんと地域連携パス部分に記入してくれるかどうかです。そのまえに、この「健康手帳 L」の完成と運用を府内のすべての医療機関や医師達に周知されるのかを心配します。
 確かに、大阪府の肝炎肝がん対策部会には、医師会や病院協会(公立・民間ともに)の方々も参加されています。また、地域連携パス作成に関する検討会でも肝炎・肝硬変・肝がんの地域連携パスが検討され。議論され作成されたとされています。現場への徹底がなければ、せっかくの「手帳」も“猫に小判”となりかねません。

 患者会では、このことを危惧し、大阪府知事宛の要望書にまとめ、府庁「府政への意見」担当宛と、健康づくり課がん対策グループにも届けました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:32:46 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad