■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
恐ろしや足の大きな電極
病棟談話室からの風景 正面は生駒山22日の朝食 22日、体温25.6℃ 体重72.4k、午前予定なし。 

 一人目のラジオ波治療が午後1時から始まり2時過ぎには終わりました。予定通りです。
 午後 14:30 処置室から呼ばれる。施術はT先生 処置台に寝かされ、両大腿部正面に冷たい大きな電極冷たいを貼り、左肩に安定剤の注射を打ち、目にマスクを被され、何も見えなくして、いよいよ始まります。
 ヨウドチンキで針を刺す部分を丁寧に二度消毒され清拭布を被され、「今回は2回に分けてするかもしれない」と説明されていました。
 まず「麻酔をします。ちくっとしますよ」そして、「胸水を入れますよ」といって、700ccの人工胸水を時間をかけて胸郭と肺の間に注射器で入れられました。
 相当時間がかかったようです。
 看護師が心電計のそばにいるようです。A先生がエコーモニターのそばにいるようです。T先生がエコーモニターの記録(写真、患部の大きさの測定)をとるように指示されていました。もう一人ドクターらしき人の気配がしましたが、何も声を発せられないのでわかりません。
 計測結果は「16」と聞こえました。患部が確定されると、「さあ始めますよ」とラジオ波出力装置を担当してい
るドクターが「10」からですか?T先生は「40」にと伝える声が聞こえました。
 看護師さんがつらくなったら伝えてねと声をかけてくれました。
 電流が流されて2分を過ぎたころからつらくなってきました。3分までに、下腹部(前立腺あたり)に圧迫痛が走り、次は右肩全体が徐々にいたくなり、顔をしかめていたようです。A先生が「大丈夫ですか」と声をかけ、T先生が「どこがつらいですか、痛いですか」、と声をかけててくれました。
 「肩が痛い」と伝えました。「もうすぐだからがんばって」とT先生。
 看護師さんが血圧の低下の状況を伝えています。5分経過前には、65-39と看護師さんが状況を伝える声が耳に入りました。



 昨年春に行ったときよりもそのつらさはきつかった。
 「一度、休憩します。楽にしてください」というT先生の声にほっとしました。

 数分休憩して2回目の穿刺が始まりました。「この度は先ほどより短くするから」と私にに声をかけ、他の先生が「40」でいきますかと聞くと「4分、50で」というではありませんか。私はさっきよりきついのではとつぶやきました。
 始まって数分たつと、1回目よりも右肩の痛さが強くなり、下腹部が縛り付けられるような痛さも強くなってきました。A先生が「大丈夫ですか」と声をかけてくれます。看護師さんは、血圧や脈拍の数値を声を出して伝えています。
 つらさは以前より強いのですが血圧は128-70前後で、低くなりませんでした。T先生、「もうすぐだからがんばって。あと1分」「あと30秒」「あと15秒」。「終わりましたよ」で何とか終わりました。
 そのあとハイポでヨーチンを脱色しきれいにして、止血のために1分以上、T先生が処置をしてくれて完了です。
 その後、すぐにT先生は次の検査か処置でその部屋を離れられ、マスクを外されたときには、A先生と看護師さんしかいませんでした。

 4分と5分の電流通電時間だったようです。
 前回の反省にたち、施術を指導医が直接行い、電流をそう長くかけられないことを見通して、2回に分けて通電されたようです。

 開始からきっちり2時間かかりました。ベッドに戻ったときには、4時半を回っていました。

 7時半まで上向きで安静。採血、胸の音の聴診があり、血液の酸素濃度を指先ではかって、ベッド上で座る許可が出ました。
 昼食食べていなかったので夕食を間食し、またすぐ寝入ってしまいました。
 9時半に看護師さんがきて、胸の聴診と酸素濃度を測って、無事を確認されて、「トイレくらいまでなら歩いていい」といってくれ、トイレを済ましら、またぐっすりと眠ってしまいました。

 今回の治療体験から、私はラジオ波治療装置の両大腿部に貼り付けたアース用の電極が悪さをしていると思っています。
 肝臓を刺した電極からラジオ波を発生させた電流が体中を流れ、心臓のステンとにも悪さをし、他の部位にも影響しているのではと思いました。

 はやく足にアースをつけないラジオ波治療針の中にアース電極を装着した治療器具が登場することを願っています。

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:22:58 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。