■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
B型肝炎先行訴訟 証人 与芝真彰氏のご本
書籍「B型肝炎訴訟 逆転勝訴の論理」

 B型肝炎先行訴訟(札幌高裁)での勝利判決を出した、原告側専門家証人与芝真彰医師が執筆した本が出版されます。
 与芝医師は、長年劇症肝炎患者の救命に力を入れ、関連学会や厚生労働省に対して、劇症肝炎の診断基準改正のために働きかけてきました。その信念の強さから、日本肝臓病患者団体協議会に当時のB型肝炎訴訟弁護団から相談があったときに、最後の頼みの綱として専門家証人に推薦した経緯もありました。
 その先生が、証言される前に世界中から文献を集められ読破され、日本の予防接種行政がいかにずさんだったかを証言されたのです。その活動がまとめられている本だと思います。
 出版社のサイトから引用します。

B型肝炎訴訟 ――逆転勝訴の論理
 定価1,470円(本体1,400円+税)
 発刊:かまくら春秋社
 与芝真彰著 四六判 並製 152ページ 2011年10月11日発行

 以下、出版社の紹介から



 国が行った集団予防接種の注射器連続使用が45万人のB型肝炎感染者を生ん

 最初の提訴から22年経った2011年6月、ようやく国と被害者との和解が成立した「B型肝炎訴訟」。第一審では原告(患者・感染者たち被害者)の敗訴に終わったこの訴訟を、第二審で逆転勝訴に導いた肝臓病専門医による書き下ろし。 裁判へ強い影響力をおよぼした「権威」を鋭く批判し、医療裁判の在り方や、和解調停後に残された課題を問う一冊。



スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:12:29 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。