■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
治療医の説明 新しい発がんと全回治療部位からの再発?
造影CT 造影剤注入直後造影CT 造影剤注入経過後

 28日、お昼前に放射線科から呼ばれて、造影CTの検査を受けました。過去に造影剤の副作用(遅延型)が出たので、10時位からステロイド剤(100mgを生理食塩水100ml)の点滴も受けました。
 造影剤注入前と直後、経過後に2回計4回のCTがとられました。
 夕方には、施術医のT先生から説明室に呼ばれ、造影CT検査の結果と今回行ったラジオ波焼灼治療について、説明を受けました。

 私の肝がんについては、
 治療前日の造影エコー検査で、2カ所に見つかっていたこと。
 1個は、昨年治療した箇所の隣接して発がん、これは治療箇所のがん細胞が残っていて成長したものと思われること。
 2個目は、治療した部位から少し離れた部分で、腹膜に隣接しているので胸水を注入して行った、あたらいい発がん、
であること。
 治療の結果、造影CT上はきちんと治療できている。
 シャント(肝動脈と肝静脈の短絡)と思われる画像も見られるが、今後注意を要しそうな画像もあるようです。
とのことでした。


 夜には、主治医A先生から、こちらの治療施設を紹介いただいた放射線科クリニックH院長への診療情報提供書と画像データが焼かれたCDROMを持ってこられました。
 今回掲載した画像は、このCDから掲載しました。
 その後、看護師さんから
 29日退院
 17日外来採血
 25日外来診察の予定も告げられました。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:43:14 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad