■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2012年度肝炎対策 研究費増額、医療費助成・検査減額
新年度政府予算案に対する厚労省概算要求 肝炎
 2012年度政府予算案編成に対する厚生労働省の概算要求が報道発表されました。
  平成24年度概算要求主要事項(厚労省大臣官房会計課)

 総額では、7億円の増ですが、医療費助成や肝炎ウイルス検診の部分は、昨年に比べて減額です。

 B型肝炎対策では、研究費などが「完治する薬」の開発など、和解合意後の首相官邸での総理発言などを受けて増額されています。
 訴訟と原告団の奮闘が、概算要求に反映されています。

 肝炎対策部分の記述は以下の通り

 肝炎対策平成24年概算要求 241億円(23年予算237億円)

(1)肝炎治療促進のための環境整備 137億円(152億円)

 肝炎患者への医療費の助成に要する経費を確保し、引き続き適切な医療の確保や受療促進を図るとともに、治療を要する方が適切な治療を開始できるようサポートする人材の養成や肝炎患者支援手帳の作成・配布などの支援事業を実施する。

(2)広域的な相談体制の強化・普及啓発の推進(一部新規) 46億円(63億円)

 肝炎患者等が広く相談を行うことができるよう、二次医療圏に1カ所程度整備されている肝炎専門医療機関に「地域肝炎治療コーディネーター養成事業」の技能習得者を配置するなどして、地域の相談窓口の利便性の向上を図る。
 また、肝炎ウイルス検診の個別勧奨を引き続き実施するとともに、肝炎に関する正しい知識の普及啓発について、マスメディアを活用するなどにより一層の推進を図る。

(3)B型肝炎治療研究等の強化(一部新規)【一部重点化】 58億円(21億円)

 C型肝炎と比較して治療成績が低いB型肝炎の新規治療薬の開発等を目指し、既存薬剤の周辺化合物の構造解析等の創薬研究や臨床研究等の強化、推進を図る。



◆29日、ラジオ波焼灼治療を受けるために入院していた病院を退院しました。
 とりあえずほっとしています。

 18日、製薬協の会議があり、上京します。
 この機会に、治療施設以外でも造影エコー検査で治療後の評価をしていただこうと思っています。


◆会報「友の会だより141号」発送、肝炎・肝硬変・肝がん患者サロン(交流会)
 会長や副会長さん中心にがんばっていただきました。
 無事完了したと夜に報告をいただきました。ありがとうございました。 
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:01:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。