■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
提訴から1か月で「国」の見解を! B型肝炎訴訟 原告側主張
 30日、大阪地裁202号法廷でB型肝炎訴訟弁論期日を傍聴しました。
 公判の前に、5人の原告の個別和解が確定しました。
 公判では、2番・167番の方が意見陳述を行い、国に対する7つの恒久対策を行うこと、先行訴訟を含めると1990年から始まったB型肝炎訴訟、大阪で最初の個別和解が決まった今日まで、相当期間を経ていることを指摘し、早い和解手続きが進められることを求めました。

 坂本弁護士は、「提訴から1か月で『国の見解』を示す」ように求めました。

 法廷は、原告・支援者で満席になり、多くの方が今後の行方に注目しました。



◆30日、全国で155人の追加提訴も行われました。
 札幌、大阪、名古屋、東京の4地裁に追加提訴した。名古屋地裁への提訴は初。
 集団訴訟の原告数は全国12地裁で1191人。

 政府が推定する被害者45万人。と比較すると提訴できたのはその0.2%。
 弁護団などのお話によると、これから毎月100人単位で追加提訴が行われるようです。

 大阪地裁での公判で弁護団が主張されているように、提訴から1か月で国側の見解が示されるように、国の訴訟対策の体制を拡充されるように、望みます。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:59:52 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-10-01 土 12:00:55 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad