■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
北海道 がん対策推進条例(仮称) 素案とパブコメ
 北海道でがん対策条例制定に向けて、行政主導で準備が進められています。
  北海道がん対策推進条例(仮称) 素案
  
 ○北海道がん対策推進条例(仮称)制定に係る地域意見交換会を開催します。
  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kak/gan-jourei.htm

 ○北海道がん対策推進条例(仮称)素案に対するご意見を募集しています。(募集期間:H23.9.16~H23.11.11)
  http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/kak/gan-jourei.htm

 肝炎・肝がん対策についても条例に盛むべきです。


■ 14日午後、事務所で電話相談
 70歳の男性、血管造影検査を受けたところ、3箇所に肝がん。
 1箇所はラジオ波治療。
 あと1箇所は肺の近くで人工胸水を入れてラジオ波治療をしなければ、治療は後日。
 もう1箇所は、太い血管にくっついてあるために外科的治療に。
 一度退院して、治療時期を再設定されるそうです。
 インターフェロン治療を済ませてウイルスは陰性化しているそうですが、高齢の発がん対策、行政も重点施策にしてほしいものです。

■ B型肝炎の医療講演会の準備のために、和歌山の病院を訪問。
 ドクターから「診察日なので18:30以上にしていただけると助かる」と。
 18時過ぎに病院に行きました。そのころには会計の窓口はシャッターが下ろされ、総合案内の女性も退散。玄関ロビーには、守衛室の警備員さんとお見舞いの方々が1,2人。製薬会社の営業マン風の方が入ったり出ていったり。閑散としています。
 同伴する弁護士さんと合流してから、ドクターに面談を伝えました。すぐ玄関までやってこられて、「まだ一人外来が残っているので待ってほしい」とのことでした。
 手には、画像検査のレポートをお持ちでした。外来の前には、男性が一人座っておられました。そのかたの外来が終わって、医局会議室に招き入れられたのは19時過ぎでした。
 講演会の打ち合わせを終え、和歌山駅は、20:00。遅くなりました。

 勤務医の大変さがよくわかった和歌山行きでした。

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

肝炎対策(行政) | 07:00:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。