■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
がん治療と患者支援 たくさん勉強しました
癌治療学会学術集会 スカラーシッププログラム参加者グッズ
 昨夜から名古屋に来ています。
 27日、早朝、ホテルをたち、名古屋国際会議場に向かいました。
 第49回日本癌治療学会学術集会・がん患者・支援者(スカラーシップ)プログラム「Cコース」に参加しました。

 以下のイベントに参加しました。

 8時スカラーシップ(患者会出展者・ボランティア)オリエンテーション、
   大阪がん医療の向上をめざす会のポスター展示作業
 8時40分 シンポ「地域におけるがん対策」
    厚労省がん対策推進室 技官 林昇甫氏(室長は大臣との公務のために欠席)
    長崎市医師会 野田会長 長崎市クリニック白髭医師、長崎市保健所長、長崎市立病院看護師長、長崎大学教授などがシンポジスト。
 本スカラーシッププログラムでは、患者は質問しないとの自主ルールなのですが、シンポジウムでは患者も質問してよいとの学術集会会長(司会者)の発言があり、認知症を併せ持つがん患者のがん治療をどうするのか、厚労省の林氏に、長崎市医師会の会長さんに、長崎の例を示してほしいと質問しました。

 、



 11時 特別講演 日本医師会が考える医療政策 保坂シゲリ氏
 12時 患者向け標準治療講座(信頼できる治療とは)
 13ー16時PAL当番(ボランティア)、これに参加すると参加費が無料に
 17時消化器癌患者向け講演 Q&A
 18時イブニングセミナー癌治療と医療費、司会者は門田守人先生、日本対がん協会 関原健夫先生。

 19時30分に終了、門田先生にご挨拶して、会場を後にしました。
 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:45:43 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。