■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
癌治療学会理事懇親会 eラーニングの試み 学術集会最終日
癌治療学会理事と患者・支援者など参加者と懇談癌治療に携わる医療者への患者からのサンキューボード 29日、第49回日本癌治療学会学術集会3日目最終日。午前中は、シンポジウム「放射線治療・その治療成績と課題」に参加しました。脳・頭頸部・肺・乳、直腸・肛門、婦人科まで聞きました。さすがに難しい。理解不能です。肝臓はありませんでした。
 11時からは、PAL企画「これからのがん対策ーがん対策推進協議会の今後の課題」を協議会委員である天野慎介氏が解説。このプログラム開会の前に、次期(第50回)癌治療学会学術集会の会長予定者である兵庫医科大学の笹子 三津留教授が挨拶されました。来年、兵庫2012年10月25日(木)~27日(土) 於:パシフィコ横浜)で開催する学術集会でもPAL企画を継続して開催する。内容を練っていくので協力してほしいと。
 12時からは、癌治療学会理事との患者・支援者との懇談が行われました。
 

 


 午後からは、ポスター展示会場の撤去。そしてPAL企画最後のコンセンサスミーティング「患者教育プログラムをみなで決めよう」。患者支援者参加は64人。15問の設問が出され、4~5選択回答。設問の用語などについて、アドバイザーのドクターやがん対策推進協議会患者委員が解説を加えながら、参加者からも意見を求める形ですすめられました。
 これからの患者教育プログラムの作成や次回の学術集会でのPAL企画に活用されるようです。
 癌治療医療者向けeラーニングは、日本癌治療学会のホームページから登録すれば患者家族でも利用することが出来ます。
 日本癌治療学会「がん医療を専門とする医師の学習プログラム」

ペーシェント・アドボケイト・プログラム(PAL)Aコース 必須プログラム参加者修了証
 17時から、PAL Aコース(ポスター展示)参加者の癌治療学会から修了証書がわたされました。残念ながら私はCコース(PAL運営ボランティア)ですから、ありません。大阪から参加されたNさんのものを写真でお示しします。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:04:30 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
来年は横浜です
第50回学術集会

 会 期:
2012年10月25日(木)~27日(土) 於:パシフィコ横浜
 会 長: 笹子 三津留(兵庫医科大学外科・教授)(予定)

と発表されていますので、念のため。
2011-10-31 月 19:34:16 | URL | あすか [編集]
ご指摘
 あすかさん、ご指摘有難うございました。
2011-11-01 火 23:54:58 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。