■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
注射器肝炎 裁判へ
桐書房刊「注射器肝炎」 
 北海道由仁町の数カ所の医院で1950年頃~79年に注射器の使い回しでC型肝炎に感染したとして、国を相手にその責任を問う裁判が来年1月にもおこすことが固まったと報じています。

 朝日新聞「注射器使い回しでC型肝炎 由仁住民ら提訴」(2011年11月08日付)
 時事:感染集中地域、集団訴訟へ=C型肝炎、北海道由仁町の患者ら(2011/11/08付)







 これまでに肝炎に関しては、薬害肝炎訴訟、集団予防接種によるB型肝炎訴訟など二つの裁判が行われています。また、カルテの無いC型肝炎患者による集団訴訟も起こっています。
 今回の注射器肝炎訴訟、個別賠償だけでなく治療体制の整備も求めるとしています。今後の動向を注視したいと思います。
 
 書籍「注射器肝炎」(写真:)はこちらのブログで紹介しています。

 大阪でもC型肝炎感染者や肝がん患者の集積地が存在します。対策が求められています。

■事務所で
 患者会の事務所で先週からたまっていた事務作業をしました。
 FAXによる相談が寄せられました。C型肝炎から肝がんも相当進み抗がん剤による治療を受けておられるとのこと。医療費が高く困っているそうです。
 裁判が出来ないかとの相談でした。
 該当する裁判は、「薬害肝炎訴訟」と報道されている「注射器肝炎」。前者はカルテなどの資料がなければ難しいこと。後者は、来年から始まる裁判の動向と過去の静脈注射を受けた診療所などの医療機関が特定でき、その利用者にC型肝炎が多発していることなど、いろいろなことがあるだろうと説明しました。
 とりあえず療養の情報収集のために会に入会されることをお勧めしました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎訴訟 | 23:36:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。