■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
難病・慢性疾患患者の支援を
難病・慢性疾患全国フォーラム2011難病・慢性疾患全国フォーラム2011 難病・慢性疾患全国フォーラム2011
 12日東京・神保町 教育会館一ツ橋ホールで「難病・慢性疾患全国フォーラム2011」が開催され参加しました。
 東京肝臓友の会など関東圏の肝炎患者会のメンバーの顔もたくさん見ました。
 
 テーマは、「すべての患者・障碍者・高齢者が安心して暮らせる社会を」。参加団体は124団体、参加者は400人を込めました。主催は、日肝協も参加した「難病・慢性疾患全国フォーラム2011実行委員会」です。

 開催報告は、下記サイトから
  http://www.nanbyo.sakura.ne.jp/forum2011/1.html


伊藤たてお氏の提案 シンポジウムでは、実行委員長の伊藤たてお氏が、「新しい難病・慢性疾患対策として治療・研究・福祉・社会生活などを包括的に患者や家族を支援する仕組みづくり」を作り上げることが重要だと提案されました。(写真)
 また、日本リウマチ友の会の長谷川三枝子氏は、患者の声を医療政策に反映させ、医療基本法の制定を求めた提言をされました。
 厚労省・難病対策委員会 金澤一郎委員長は、難病対策は公平性・公正性の観点から、恒久性性のある制度に改めなければならないと提言し、難病対策の対象も医療的視点から社会的視点をとも言及されました。
 政党からは、民主党(長妻議員、玉木議員、谷議員)、公明党 古屋範子議員、共産党 田村智子議員、社民党阿部知子議員、みんなの党 川田龍平議員が出席され、激励のあいさつをされました。

 集会には、辻泰弘厚生労働副大臣、外山千也健康局長が最後まで参加されました。
 参加者一同による、「すべての患者・障碍者・高齢者が安心して暮らせる社会を」を一日も早く実現するためのアピールを採択しました。
 
スポンサーサイト

テーマ:病気と付き合いながらの生活 - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:42:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。