■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
最高裁判決から読み解くB型肝炎 京都の講演会で
11/11/13 医療講演会風景 13日午後、京都肝炎友の会でB型肝炎医療講演会と訴訟説明会が開催されました。産経新聞や朝日新聞で報道されたこと、10/15に京都で開催された訴訟説明会で、紹介されたこともあって、60人ほどの参加者があり、用意された席はほぼみたされていました。
 講演会終了後、B型肝炎に関する医療と訴訟に関する個別相談会ももたれました。たくさんの相談希望者が見込まれたために、その待ち時間を利用した参加者交流会が用意され、そのお手伝いをしました。
 開催要項は、以下に紹介します。

 南先生は、厚生労働省が掲載している「B型肝炎訴訟について」から、裁判に提訴できる患者さんの条件を紹介し、先行裁判で出された最高裁判決にもとづいて、B型肝炎について説明されました。
 
 講演の後半になって、B型肝炎の治療について触れられ、インターフェロンと抗ウイルス剤による治療法について解説され、アデフォビル+インターフェロンの併用療法の可能性についてふれられました。
 講演内容は、京都肝炎友の会の方々が音興しを数人で分担され、会報に掲載される予定です。




■ 交流会では
 交流会出だされた質問で、一つ気になったことは、京都府では、肝炎医療費助成制度では、申請時点で利用する医療機関を登楼しておき、登録していない医療機関を受診するとB型肝炎に関する診療を受けても医療費助成が受けられないと指摘されたことです。
 大阪と違う運用なので一度府の担当者に聞いてみなければと、宿題をいただきました。
 
【資料】
肝臓病の講演会・相談会・交流会
○ 日 時 2011年11月13日(日)13:30~16:00(開場・受付13:00~)
○ 場 所 ひと・まち交流館 京都
        河原町五条下る東側 市バス「河原町正面」下車
        京阪「清水五条」下車~約8分、地下鉄「五条」下車~約10分
○講演会 「ウイルスB型肝炎の最新治療」
     講師 京都府立医科大学 講師 南 祐仁 先生
○個別相談会 15時頃~16時頃
   * 個別相談会ご希望の方は、当日、受付付け順に約10名程度の予定。
○患者交流会 (個別相談会の時間に併行)患者仲間の交流を行います。
 主 催 京都肝炎友の会
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:32:17 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad