■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
テラプレビルだけで医療費107万円 薬価決まる
 16日、中央社会保険医療協議会(中医協、会長=森田朗・東大大学院教授)総会で、田辺三菱のC型慢性肝炎治療薬テラビックなど8成分9品目の薬価収載(11月25日付で官報に掲載)を了承されました。

 テラビックの薬価は250mg1錠1422.10円(1回750mgを1日3回投与)。
 MSDのペグイントロン+レベトールに併用される。薬価収載されれば、3剤併用12週間、その後ペグリバ併用療法が12週間、合計6か月の治療期間が標準治療となるようです。

 田辺三菱製薬(株)は、「テラプレビル適正使用委員会」を立ち上げ、冊子「C型肝炎に対するテラプレビルの適正使用ガイド」を発行し、関係医療機関の医師・薬剤師などに配布を始めています。
 この冊子では、「3.投与に際して」の「1)投与前の確認」で、
 皮膚科医との連携
 3剤併用療法(テラプレビル+PRG-IFNα-2a+リバビリン)の実施によって、高頻度に皮膚障害が発現し、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、薬剤性過敏性症候群などの全身症状を伴う重篤な皮膚障害が報告されています。定期的に皮膚障害を観察する必要があるため、皮膚科との連携が必須になります。

とあります。


 肝疾患連携拠点病院のメディカルスタッフの情報によれば、皮膚科専門医のいる医療機関または、常時連携する医療機関にしかテラプレビルは納入されないそうです。
 



■皮膚科学会 「C型慢性肝炎におけるテラプレビル製剤の適正使用に関する協力依頼について」

■テラプレビルの添付文書
  http://www.jsh.or.jp/information/documents/Telavic250mg.pdf

■ 薬価から
  一錠:  1,422.10円なので
  一日薬価:12,798.9円
  4週薬価:358,369.2円
   12週薬価:1,075,107.6円
  3割負担としても12週で33万円です。

厚生労働省 本年度 第2回肝炎治療戦略会議が、11/22に開催されます。
 ここで、テラプレビルの使用について医療費助成の可否と可となった場合の助成条件が検討されるものと思われます。

スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:16:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad