■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インターフェロンα2aは、ALT値とAFP値を下げる 学会報告から
日本肝臓学会誌「肝臓」V0l.52 No.10 大阪肝臓友の会で7月に講演していただいた角田圭雄先生(市立奈良病院)らがまとめられた論文が学会誌「肝臓」に掲載されました。
 演題は「C型慢性肝炎に対するベグインターフエロン α2a 少量療法はグリチルリチン製剤に比して有意にALT値およびAFP値を低下させる」
 共同研修施設は「R24肝臓カンファレンス」の世話人9施設
  ・ 市立奈良病院消化器肝臓病センター
  ・ 関西電力病院消化器内科
  ・ 宇治徳洲会病院消化器科
  ・ 星ケ丘厚生年金病院消化器病センター
  ・ 天理よろづ相談所病院消化器内科
  ・ 松下記念病院消化器科
  ・ 公立山城病院消化器科
  ・ 近畿大学医学部奈良病院消化器内分泌内科
  ・ 京都医療センター消化器科

 ペグインターフェロン+リバビリン併用や11/25以降に登場するペグリバ+テラプレビル3剤併用療法などの強力な治療法に耐えられないC型肝炎患者にとって、当面の対処法として、提案される治療法として確立することを期待しています。
 以下に、要旨の部分を紹介します。



要量:ベグインターフエロン (PEG-IFN)α2a またはグリチルリチン製剤(強力ネオミノファーゲン C : SNMC) を投与開始し 24週以上継続可能で、あったC型慢性肝炎64例を対象とし有効性・安全性をretrospectiveに比較検討した平均観察期間(中央値,週)はPEG群154,SNMC群145,ALT値(中央値,IU/L)は投与前,24週,48 週時点において,PEG群64,34,30,SNMC群80,47,52,AFP値(中央値,ng/mL)は投与前,24 週,48週時点において,PEG群12,9.2,7.2,SNMC群 12,12.5,18であった投与中の血小板,Hb,好中球数はSNMC群と比較し PEG群で有意に低値を示したが減量により全例継続可能で、あった.PEG群で3例 (8%) ,SNMC群で3例 (11%)にHCCが発現した肝発癌抑制を目的とした PEG開IFNα 2a少量及びSNMC療法は,共に肝機能改善効果を認めたが,PEG群で有意にALT値,AFP値が改善した.

 この論文は、第52回日本消化器病学会大会(2010年横浜)で報告され、日本肝臓学会「肝臓」2011年Vol.52 no.10に掲載されています。
スポンサーサイト
治療・治療薬 | 23:17:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。