■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
肝発がん後の対処法は 電話相談から
ポコの散歩道で
 25日、インターフェロンを扱っているメーカの学術部の方が事務所にやってこられました。
 来春の講演会開催のご相談やら、22日の肝炎治療戦略会議のことなど、ご相談や情報収集です。
 金曜日は、事務所当番ではないのですが、来所者や電話が多いものですから、午後から1時間半ほど事務所に出るようにしています。

 電話での相談は、肝発がん体験者から。
 一人目、B型肝炎患者さん。女性(滋賀)。もう10回近くラジオ波治療など局所療法をしている。何度も何度もで困っている。

 二人目、C型肝炎から発がんした男性(奈良)。先日、肝がんの治療でラジオ波治療を受けて退院した。3度目の治療。
退院後、毎日、強ミノの注射を受けている。おかげでALT値は30以内に。

 セカンドオピニオンの求められることをおすすめしました。また、12/11に開催される千里ライフサイエンスセンターでの講演会も受講されることをすすめました。

 


11/25付 徳島新聞から
■B型肝炎訴訟 和解合意後の特措法について
 B型肝炎訴訟・原告弁護団は、国会要請行動を21-22日に行いました。

 現在開催されている国会に、「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法案」(平成23年10月28日提出)が提出されています。
 しかし、この法案に問題があります。6月28日に和解合意した内容より、除斥期間の適用など悪い内容になっているのです。そのために法案の修正などを求めて行動されました。(写真は徳島新聞)
 以下に、原告団の国会議員への要請書を紹介します。

国会議員の先生方へ
今般のB型肝炎特措法案への全国原告団の考え
2011年11月21日
B型肝炎訴訟全国原告団 代表 谷口三枝子

 私たちは、10月21日に全国原告団代表者会議をもちました。そして討議の結果、原告団としては、下記の結論に至りました。

1 裁判所での「基本合意成立」は、今日まで何十年間も救済されずに苦しんできたB型肝炎患者にとって大きな喜びであり、この間尽力いただいた各党・議員のみなさんに対して、心より感謝しております。
  ありがとうございました。

2 しかし、私たちはそのとき、既存の法律に縛られる裁判所での基本合意においては苦渋の決断で受け入れるが、将来の立法時には除斥の撤廃を求めて行動することを確認しました。このことは、基本合意を受け入れる際の原告団声明において明記しております。

3 基本合意に基づく立法にあたっては、もっとも直接的な当事者である原告団の考えを聞いて欲しい、そのために事前に法案について知らせて欲しいことを、私たちは繰り返し要求してきましたが、残念ながらそれがないまま、今回、突如の法案発表・上程となりました。

4 しかもその内容は、基本合意で触れられていなかった肝硬変以上の発症除斥対象者を和解金の支給対象から明確にはずすということが付加された法案でした。

5 発症除斥の問題は、
①発症後、より長く苦しんでいる患者が逆に差のある救済しか受けられない。
②20年間以上救済を放置してきた政府が20年間経過したことを理由として救済に差を設ける。
という点に問題があります。この事実を正確に知れば国民の誰からみても極めて不条理で不正義な規定だと思います。

6 私たちも、臨時国会という限られた審議日程の中で、極めて困難なことは理解しております。しかし、だからといって、このような不条理な除斥規定を含んだままの法案に対してそのまま賛成することはできません。困難ではあるが、修正を求め続けたいということで原告団は一致しました。
  これは、同じB型肝炎患者として、発症後20年経過した患者を見捨てる対応は決してとれないという思いからです。

7 原告団にとって特措法が極めて重要なものであるゆえに、今回の特措法については、臨時国会の中で(仮にそれが時間的に到底無理な場合には、次の通常国会の場を含めて)
 ①ぜひとも十分な時間をとってご審議いただきたいです。
 それによって、
 ②除斥規定の修正をお願いします。
 ③全ての肝炎患者への恒久対策(治療と生活の支援)の問題について立法府としての附帯決議をお願いします。
 ④そのためにも、原告団の代表の意見聴取をお願いします。
  困難ではあってもこのようは途を求め続けたいということで、原告団は一致しました。
8 議員のみなさんにはこの原告団の思いをご理解いただき、B型肝炎患者らが、心からよかったと思える立法となるように、非常に困難なことであることは重々承知しておりますが、何卒、力添えをお願いしたいと思います。
  よろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:29:27 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad