■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
失敗したPFI病院での肝臓専門医の役割は、国立・公的病院の統合も
近江八幡 医療講演会 1126 26日、滋賀県近江八幡市での講演会に行ってきました。
 特別講演「C型肝炎-最新の話題-」をされた京都府立医科大学大学院 准教授 伊藤義人先生は、テラプレビルなどの新しく登場する治療法はウイルス排除率が相当高くなるが、高齢者やインターフェロンなどに反応しない方など、治癒されない方が2~3割ほど残ってしまうこと。この方達には、インターフェロンの少量投与で、ALTやAFP値が下がる方には長期投与で肝発がんを防ぐ、ALT・AFP値が下がらない方には、瀉血や除鉄などの積極的な治療を行う。また、脂肪や血糖などの値にも注意することが肝炎や発がんを抑えることができると説明されていました。


近江八幡近く 車窓から 私が近江八幡まで出かけた目的は、この地域の医療体制。その中心で働いておられる肝臓専門医の活躍ぶりを知りたかったからです。
 3年前にPFIで市立近江八幡病院がPFI方式で立て直し出発しましたが、2年半で契約解除。その後直営に。
 また、東近江市では、市町村合併前からある公立病院2箇所と国立病院機構滋賀病院があります。これらが25年には、統合され、滋賀病院内に東近江総合医療センターが建設される計画が進められています。
 ・東近江市立病院体制整備委員会が「市立病院体制整備実施計画」市長に答申(2011年11月21日)
 ・滋賀県の医療圏域(病院協会のサイトから)
 
 この医療圏での医療サービスを行う基幹施設の再編時期。がん・肝臓の医療提供体制に注目しています。県域人口23万人、B・C型肝炎ウイルス感染者は、推定5千人以上と思われます。
 圏域の4人の肝臓専門医と京都府立医科大学の准教授が登壇され、座長や講師を担当されました。

■ 滋賀も、患者会の事務局長さんが肝炎の治癒と仕事(県の外郭団体)が多忙となり、患者会が崩壊の危機に瀕しています。会長さんと会員名簿やこれまでに患者会と連絡があった方の名簿の確認、旧事務局長さんとの引き継ぎなど事務的な打ち合わせも含めて、お世話を始めました。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

地域 | 23:53:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad