■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
肝がんのラジオ波治療 播種や転移に注意を 公開講座で
和歌山県立医科大学 公開講座 閉会の挨拶 准教授 加藤 順 先生
27日午後、和歌山県立医科大学公開講座が開催され、聴講しました。主催は、日本肝臓学会・和歌山県立医科大学。
 講師は、一番手の玉井先生。開会の挨拶で公開講座を始めて10年。10周年記念で東京から著名な先生を招く計画を進め、虎ノ門病院肝臓病センター荒瀬先生、東京大学名誉教授・山梨県立病院理事長の小俣先生がご快諾を得て開催することができ、肝炎や肝がんの最新の情報をお届けしたいとご挨拶なさいました。
 玉井先生の講演で、注目したのは、ラジオ波治療後の再発や播種のこと。低分化型の悪性度の判断を生検ではなく画像から判別できるかどうかの研究や、播種を防止する手技(肝がんを栄養する動脈もラジオ波で焼いて処置する)などの紹介など、治療後の転移や播種を抑制することについて説明されたことは、今までにないお話でした。
 また局所療法後のインターフェロン治療で再発を抑制されている症例についても紹介されていました。

 




 2番手の荒瀬先生(虎ノ門病院肝臓センター長)は、
 インターフェロン治療に次ぐ新たな治療法について紹介され、併せて、インターフェロンに反応しない患者や高齢者への対応について説明されました。
 インターフェロン少量長期、瀉血、脂肪、血糖管理など、肝炎の進行と肝発がんの抑制について、その対処法を紹介されました。

 小俣先生のお話は、東大などの大学時代、山梨での地域の肝炎肝がん対策、国際医療福祉大学大学院教授として、若手医師の育成など場広い分野で活動していることについて触れられ、患者は自身の肝炎の状況を知り、専門医と相談して、対処することが大事と強調されていました。
 また、肝がん治療後は「5年生存率」ではなく「平均生存期間」で評価すべきだとも強調されていました。
 肝臓がんの治療でラジオ波が良いのか外科切除が良いのかSURF研究も進められてきたが、患者の意志で治療法が選択されるために、無作為の振り分け方式で治療法が提示される研究には、患者が集まらなく進められなくなっていることなども紹介されました。

 会場からの質問についても沢山紹介され、それぞれにていねいに説明されました。

 閉会の挨拶は、准教授 加藤順先生が担当され、昨年東京から赴任したこと、以前は肝臓を担当していたが今は消化管の研究をされておられると述べられていました。
 市ノ瀬教授も東京大学からこられています。
 県域も広く、医療機関が少ない中での診療活動は大変だろうと想像します。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

治療・治療薬 | 23:40:55 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad