■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
C型肝炎/一般的な血液検査で インターフェロン治療予測と発がん予測
 武蔵野赤十字病院 消化器科部長 黒崎雅之先生らが厚生労働省研究でまとめられた、C型慢性肝炎患者の発がんリスクや治療予測を一般医療機関で行われている血液検査と患者の年齢や性別など、保険診療で得られるデータから、個々の患者の治療計画にいかす方法をまとめられました。
 国立国際医療研究センター国府台病院の「肝炎情報センター」のサイトに掲載されました。
  http://www.ncgm.go.jp/center/formedsp_new.html
 「データマイニング手法を用いたC型慢性肝炎の病態解析と日常診療への応用:発癌リスク予測、ペグインターフェロン・リバビリン併用療法の治療効果予測と副作用予測」

 患者が今後の対処に参考になる部分を紹介します。(原文を要約、改変しています)
 ----------------------------
一般検査を用いた発癌リスクの予測モデル
 日常診療で簡単に入手できる4項目の組み合わせにより患者さんは7つのグループに分類され、5年以内の発癌率は最高で20.9%、最低で0%でした。
 5年以上経過観察したC型慢性肝炎を対象とし、5年以内に発癌する確率を予測する因子を解析しました。
 発癌と関連する因子は年齢、血小板数、アルブミン値、AST値でした。

 第1グループ
 60歳以上で、血小板数が15万未満、かつアルブミンが4.0g/dl未満の症例の発癌率が最も高く、5年発癌率が20.9%でした。これは、高齢で肝線維化が進行している症例の発癌率が高いことを反映していると考えられます。これらの症例では、しっかりとした肝細胞癌の画像サーベイランスが必要であり、また早急に抗ウイルス治療を検討する必要があります。

 第2グループ
 次に発癌率が高いのは、60歳以上、血小板が15万未満で、アルブミン値は4.0g/dl以上あるものの、AST値が40IU/L以上の症例で、5年発癌率が7.3%でした。
 第3グループ(年齢、血小板、アルブミン値は第2グループの通り)
 AST値が40IU/L未満では発癌率が0%でした。

 【注目点】 この結果は、肝炎の活動性が高い症例では発癌リスクが高いことを示しており、治療適応を検討する上で重要な情報と考えます。

 第4グループ
 60歳以上で、血小板数が15万以上あっても、アルブミン値が3.75g/dl未満であれば5年発癌率は6.3%。

 第5グループ (年齢、血小板値は第4グループと同じ)
 アルブミン値が3.75g/dl以上であれば、5年発癌率は1.5%でした。

 【注目点】 血小板数とアルブミン値の組み合せは、それぞれ単独よりも肝線維化の程度をより正確に反映することで、臨床的に発癌を判別する有用なマーカーになると推察されます。

 第6グループ
 60歳未満の若年者でも、血小板数が15万未満であれば5年発癌率は6.9%あることを臨床医は十分に認識する必要があります。

 第7グループ
 60歳未満で血小板数が15万以上であれば、5年発癌率は0.8%であり、将来の次世代治療薬まで待つことも選択肢の一つになると考えます。




 インターフェロン治療による発癌抑止の効果

 C型慢性肝炎に対してペグインターフェロン・リバビリン併用療法を行うことで発癌を抑制できるかは重要な検討課題です。ペグインターフェロン・リバビリン併用療法を行ない5年以上経過観察した症例のデータを収集し、発癌予測モデルにあてはめ、発癌リスクが高い症例と低い症例に分類しました。
 それぞれについて、SVRが得られた症例と得られなかった症例の累積発癌率を比較したところ、
 〇発癌リスクの高い症例においては、SVR(著効)が得られれば5年発癌率は4.5%、
 〇SVRが得られなければ5年発癌率は9.5%
 SVRにより発癌率が有意に抑制されることが示されました。
 一方、発癌リスクが低い症例では、SVRが得られた症例と得られなかった症例の5年発癌率はそれぞれ0.9%と1.8%であり、少なくとも5年の経過観察の範囲内では有意差はありませんでした。
 以上の結果からも、発癌リスクの高い症例においてこそ、抗ウイルス療法を行いHCV駆除することが発癌抑止において重要な意味を持つことが分かります。

 一般検査を用いた治療効果予測モデル

 年齢、性別、血小板数、ALT値、γ-GTP値が独立した治療効果関連因子でした。

 今後、C型慢性肝炎の治療は次世代の抗ウイルス薬とペグインターフェロン・リバビリンの3剤併用療法に移行してゆきますが、高齢者や貧血のある症例など一部の患者さんにおいては3剤併用療法を施行することが困難と予想されます。
 したがって2剤併用療法でも治癒可能な患者さんを同定し、ペグインターフェロン・リバビリンの2剤併用療法を選択肢として提示することも重要と考えます。

 Genotype 1型、高ウイルス量のC型慢性肝炎でペグインターフェロン・リバビリン併用療法を施行した症例のデータを収集し、保険の範囲内で測定できる一般的な検査のみで治療効果を予測するモデルを作成しました。SVRと関連する因子を多変量解析で検討したところ、年齢、性別、血小板数、ALT値、γ-GTP値が独立した治療効果関連因子でした。
 年齢と性別によるSVR率は、
 60歳以上の女性23%、60歳未満の女性50%
 60歳以上の男性48%、60歳未満男性63%

 治療効果と関連する因子
 年齢、AFP値、血小板数、γ-GTP値、性別
 〇その中でも最も上位の判別因子は年齢であり、
 50歳未満のSVR率は70% 50歳以上では41%。

 〇50歳未満の中ではAFP値が第二判別因子
 AFP値が8ng/ml未満のSVR率77%
    8ng/ml以上ではSVR率は44%
 【注目点】 肝線維化のステージとAFP値には正の相関があるため、AFP値は肝線維化を反映するマーカーとして判別因子に選択されたと推察されます。

 〇50歳以上では第二判別因子は血小板数
 ・血小板数が12万未満のSVR率は22%でした。
 〇血小板数12万以上の症例の中では、第三判別因子はγ-GTP値
  40IU/L以上だとSVR率が低下しました。
 〇第四判別因子は性別

 このモデルは、日常診療で簡単に入手可能な項目のみを使用しているため、外来やベッドサイドで個々の患者さんのデータをあてはめることが容易であり、積極的に治療を勧めるためのツールとして利用できます。一方、このモデルで治療効果が得られにくいと判定される症例でも、それだけを根拠に治療から除外すべきではないことに注意を要します。
 また、ペグインターフェロン・リバビリン併用療法ではSVR(著効)では効果が得られにくくても、次世代の新規治療では治る可能性があること、あるいは発癌抑止を目標としたインターフェロン少量長期療法や肝庇護療法などの選択肢もあることを患者さんに伝えることが重要です。
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

治療・治療薬 | 23:48:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。