■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
集団予防接種によるB型肝炎 給付金「特措法」成立
 9日、臨時国会(第179回)が閉会しました。
 参議院で「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が可決成立しました。
 傍聴された大阪弁護団の長野弁護士から報告がされています。紹介します。
 -----------------------
 本日B型肝炎特措法が成立しました。
 残念ながら発症除斥については修正がなされませんでしたが、国会の審議の中で、肝硬変以上の発症者については基本合意の趣旨に基づいて誠実に協議する(慢性肝炎のように一部の支払はする)ことが確認されました。

 また、衆院と参院の附帯決議で、政府に対して、
  ①個別和解の迅速な解決のための人員の拡充、
  ②差別・偏見をなくすための国民への広報・啓蒙、
  ③注射器の連続使用を含む様々な感染可能性を明示した上での肝炎ウイルス検査の勧奨、
  ④肝炎医療の提供体制の整備、肝炎医療に係る研究の推進、医療費助成等、全ての肝炎ウイルス感染者に対し、必要な恒久対策を引き続き講ずるよう努めるとともに、
  ⑤とりわけ肝硬変・肝がん患者に対する医療費助成を含む支援の在り方について検討を進めること
などが、決議されました。
 
 恒久対策の拡充を含む、私たちの今後の活動に大きな力となりうるものです。


 


 また、B型肝炎訴訟原告弁護団は、以下の声明を発表しました。

                    2011年12月9日
特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」の成立にあたって(声明)  
                  全国B型肝炎訴訟原告団
                  全国B型肝炎訴訟弁護団


1 本日「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」(以下「特措法」と言う。)が成立した。

 本特措法は、平成23年6月28日に原告団・弁護団と国(厚生労働大臣)との間で締結された基本合意を敷衍し、集団予防接種等の注射器の連続使用によるB型肝炎ウイルスの感染被害が未曾有のものであることに鑑み、この感染被害の迅速かつ全体的な解決を図る目的で制定されたものである。しかし、発症後20年以上経過した被害者に対する給付の内容が20年未経過の被害者と大きく差が設けられており、私たちは、この点について、差のない救済の実現のため法案の修正を求めてきた。

 すなわち、法案では慢性肝炎発症後20年経過被害者の給付金は20年未経過被害者の4分の1以下とされ、肝硬変・肝がん発症後(死亡の場合は死亡後)20年を経過した被害者には給付金を支給しない内容となっていた。私たちは、基本合意の時点においては、重篤者の早期救済の観点から苦渋の選択として発症後20年経過者について差のある合意案を受け入れたが、長く苦しんだ被害者こそ厚く救済されるべきであり、立法の段階では、除斥の壁を克服した救済が実現されることを求めてきた。基本合意に基づく和解を主宰した札幌地方裁判所の裁判長も、「除斥」の問題について「立法措置の際には改めて国会その他の場所で討議」し、「より良い解決を」すべきであるとの異例の所感を示したところである。

 しかし、特措法は、この点の修正がなされずに成立した。極めて残念であると言わなければならない。

2 他方、国会審議を通じて、次の点が明らかにされた。

 小宮山厚労大臣は、本特措法は基本合意の内容を立法化するもので、被害者救済の第一歩であり、今後、より良いものにしていく考えであることを繰り返し答弁した。そして、除斥期間経過の肝硬変、肝がん、死亡被害者については、これら被害者が今後裁判所に提訴した場合、「基本合意の趣旨を踏まえて、裁判所の仲介のもと誠実に対応」するとの国の方針が明らかにされた。衆議院及び参議院において同旨の附帯決議もなされた。さらに、「除斥期間経過被害者」全体に対する「真摯な対応」を行うことも附帯決議に盛り込まれた。

 このように、本特措法は、除斥期間経過の被害者を切り捨てるものではなく、差別を固定化するものでもないことが確認された。私たちは、除斥期間経過の被害者に対して、今後とも、十全な救済を実現していくことを求めるものである。

3 本特措法により、集団予防接種等の注射器の連続使用によるB型肝炎ウイルス感染者が数十万人に及ぶことを前提に、そのすべての被害者が救済されるべきこと、そして、その救済の手続き及び救済のために必要な財源を確保すべきことが法的に確認された。

 また、国会審議において、適正かつ迅速な和解手続実現のための十分な体制の整備が必要であること、今回成立した救済手続きの国民への周知徹底が必要であることも明らかにされた。

4 さらに、今後の恒久対策の実現に関して、小宮山厚労大臣は「恒久対策の検討に当たりましては、B型肝炎患者の原告も含めた患者やご遺族のご意見も踏まえながら、これは誠実に取り組んでいきたいと考えています。」と答弁した。

 附帯決議においても、「差別・偏見をなくすための国民への広報・啓蒙」、「注射器の連続使用を含む様々な感染可能性を明示した上での肝炎ウイルス検査の勧奨、肝炎医療の提供体制の整備、肝炎医療に係る研究の推進、医療費助成等、全ての肝炎ウイルス感染者に対し、必要な恒久対策を引き続き講ずるよう努めるとともに、とりわけ肝硬変・肝がん患者に対する医療費助成を含む支援の在り方について検討を進める」等として恒久対策の充実が求められた。

 私たちは、国に対し、この答弁、附帯決議に基づき、すべての被害者がもれなく適正な救済が受けられることを旨とした恒久対策の具体化を求めるものである。

5 私たちは、特措法の成立が、まさに、B型肝炎患者救済の第一歩であり、今後これをより良いものとするよう努力していく決意である。

 私たちは、今後とも除斥差別のない解決を求めるとともに、本制度で救済されない被害者、ひいてはすべてのウイルス性肝炎患者の救済を求めて活動していくことを改めて宣言するものである。

以上

  -----------------------
■友の会事務所で作業
 友の会だより142号下刷りチェック完了し、印刷スタートをお願いしました。
 相談1.肝がん再発(5年前に外科切除後初めて)、19日に画像検査後の受診
     外科切除を再び勧められたらどうしたら良いか、
 相談2.肝がん再発(複数回)治療後、画像検査の複数個の肝がんの疑い、来週診察、年末の治療は?
 相談3.通信社記者から、肝臓移植臓器提供者のフォロー状況を取材したい
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 23:54:32 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
施行規則12/16が
施行規則が下記に掲載(官報)
 http://kanpou.npb.go.jp/20111216/20111216g00272/20111216g002720035f.html
2011-12-17 土 16:14:01 | URL | [編集]
施行規則
 情報をありがとうございました。
2012-01-05 木 08:40:38 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad