■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
肝膿瘍のご相談
肝炎患者支援手帳 「健康手帳エル」 今日は自宅でお片付け。
 ビーグル犬ポコは、昨日朝は後ろ足歩行困難な状況でしたが、今日は元気です。10分ほど朝の散歩をしました。食欲も戻り旺盛旺盛でした。

■電話相談
 午前中に地方にお住まいの肝膿瘍の患者さんのご家族からご相談がありました。患者さんは発熱して入院、抗生剤の点滴を受けておられるようです。
 これまでは単発だったようですが、今回は小さいのがたくさんあって、ご家族は不安を訴えておられました。
 いろいろお尋ねがあったのですが、患者会の相談担当者は専門家でないので、入院中であれば、病棟の看護師や当直医師に相談するようにお伝えしました。

 患者会の事務所は1/10まで閉じています。

※日本消化器病学会の解説 「肝膿瘍」
 北里大学の「肝膿瘍」の説明
  肝膿瘍のブログ


 ■大阪での「肝炎患者支援手帳『健康手帳エル』」発行準備の状況
  大阪府肝疾患連携拠点病院協議会で勧められている手帳作成準備状況を担当されておられる方に確認してみました。
  C型肝炎治療薬テラビックの医療費助成の記述部分の原稿待ちだそうです。
  もうしばらくかかるとのお返事でした。

■ 肝がんへの化学療法
 兵庫の患者会と共同して、来春(3~4月)に、阪神地区で患者・家族向けに「肝がんの化学療法勉強会」の準備を始めています。メールでご相談した方からお返事をいただきました。年明けから作業が進みそうです。
スポンサーサイト

テーマ:肝臓病 - ジャンル:日記

患者会 | 22:10:21 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
 コメント付きの拍手をいただきました。ありがとうございます。
 1)病院をよく変わることに医師は機嫌が悪い
  肝炎が沈静化するのであれば、患者は通い続けます。でも、インターフェロンをしても、肝炎が沈静化せず、大量の強ミノ治療を受けてもALTが下がらず、治療成果が出ないのに同じ治療を漫然とする医師から離れることは、致し方ないことです。
 医師がとがめ立てできないはずですが、患者の気持ちも察してほしいものですね。
 2)S8 動脈血の有無確認
 大事なことです。私は造影エコー検査を希望してやってもらっています。
 今度のドクターは、さすがに的確と短期間に検査オーダーを行っておられるようですね。
2011-12-29 木 08:57:49 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad