■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
どうしたら?? 相談ごと・・・・
2/12 がん患者ケア講演会ご案内
■ お正月に電話相談があり、面談したいとのこと。事務所でお会いしました。
 インターフェロン単剤で長期間治療を受けていて、3剤併用療法が登場したので、新しい治療を受けるために昨年11月にインターフェロン治療を中止し、備えられたのです。中止すると2週間でウイルスが陽性化し、昨年12月の診察で3剤併用治療を行ってくれるように主治医に相談したが、来年2月以降まで待つように言われたそうです。
 「納得できない!11月にテラビックは承認されているのに」という訴えをされました。
 2月まで待つように言われたという理由のいくつかを説明し、次回診察日に主治医とよく相談するようにとおすすめしました。

■ メールで、大学社会学部の先生(地域でがん診療拠点病院医療者・介護保険事業者などとがん患者・家族への支援の在り方の研究)から、講演会の案内をいただきました。(写真)
 講演のテーマは、
 1.がんケアのリソース(予防・治療、在宅ケア、緩和ケア)
 2.COML理事長 山口氏の講演
 開催は、2/12(日)大学の教室で。



大阪がん診療ナウ 豊能編 肝がん
■肝がんの疑い??
 夜、メールでのご相談。
 どうすればと言うことです。医療機関の選択が一番のお困りごとです。

 そんなときに使うツールは、「よくわかる!大阪のがん診療NOW」。がん診療拠点病院の診療機能や治療実績がわかります。これを伝手に考えることができそうですとお伝えしました。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:59:38 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad