■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
病状の進行・肝発がん阻止が課題 「肝炎治療」
阪大中之島センター前の堂島川 15日、「ここまで進んだウイルス性肝炎・肝がんの最新治療」公開講座に参加しました。

 B型肝炎については、大阪厚生年金病院の内藤先生が説明されました。
 ウイルスのゲノタイプを調べて、ペグインターフェロン治療も検討する。
 その際に、ガイドラインでは、抗ウイルス剤かインターフェロン治療かの選択の年齢の線引きが35歳になっているが、最近の晩婚化と高年齢出産のことを考慮する必要があるかもしれない、40~45歳の幅を持たせることも検討の余地あり。

 C型肝炎で、平松先生は、
 「テラビック」での治療は、これから始まる。2月になる病院もある。
 肝発がん高率年齢(60歳以上)を考えると、これから登場する抗ウイルス剤によるIFN併用療法(第2世代)や抗ウイルス剤の組み合わせだけによる第3世代の登場(2~5年)まで待てるか待てないかを判断することが大事。
 待てない患者の治療(テラビック併用、ペグリバ併用、インターフェロン少量長期、肝庇護剤、瀉血)の選択も難しい問題だが、やらなければ発がんリスクを下げられない。




 肝がんの治療については、府立成人病センター大川先生。
 先生の施設での10年間の治療実施患者ごとの治療法とその時期をプロットされた図表は興味深かったです。
 先生のお話を聴いて、ますます肝発がんを抑える方法はないものかと強く感じました。

■Q&A
 参加者からの質問と先生のコメント、特に司会された竹原教授のていねいな対応は良かったです。
 

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

医療を考える | 23:02:35 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad