■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
肝細胞がんの再発を防ぐことは?
 肝臓がんの再発を繰り返す患者さんからの相談が後を絶ちません。
 19日も、お二人の方から電話で相談を受けました。

 昨年末から準備を始めていた患者・家族向け勉強会が下記のように確定しました。
〇講演テーマ: 「肝細胞がんの再発をいかに抑えるか
              ~外科医からみた薬物療法~」


〇日時   2012年4月1日(日) 13時30分~16時30分
〇会場   尼崎市すこやかプラザ(多目的ホールA)
         尼崎市七松町1丁目3-1-502(フェスタ立花南館5階)
          施設・地図
〇講師     京都大学医学部付属病院・外科(肝胆膵・移植外科)
           波多野悦朗先生
※京大医学部肝胆膵・移植外科のHP波多野先生の自己紹介から
 「メスの力を信じて、手術で病気を治すことを目指していますが、メスの力の限界があることも承知しています。
患者さんに最高の医療を提供して、患者さんが希望をもって病気に立ち向かえるようお手伝いをしたいと思っています。」



■ 電話相談から
 ・肝細胞がん。再発か
  造影エコーや造影CTではっきりしない、主治医は狙撃肝生検を考えておられるようだ

 ・肝細胞がん、再発を繰り返し、ネクサバールによる治療も受けたが効かなくなった
  塞栓療法(血管内治療:IVR)専門クリニックで治療を受けたが、塞栓が完全ではなく、再発した模様だ。
  大学病院では、人工胸水を使ってラジオ波治療を勧められている。人工胸水について不安がある。

■ 専門クリニックのブログから
 肝血流動態イメージ研究会
 「早期肝癌」:典型的肝癌になるのに、0.8年から5.5年の時間があり少し、大きくなるものはありましたが、転移はしませんでした。
 これを、どのように診断し、どのようにあつかうか、きちんとしたコンセンサスが必要である。というのが私の主張です。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:22:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。