■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
造影CT 無事パス
12/01/23造影CT検査12/01/23造影CT検査
 23日、ラジオ波焼灼術後、4か月目のチェック。造影CT検査をいつもお世話になっている放射線科専門クリニックで受けました。9時半にクリニックに入り、10時前に主治医による問診。10時過ぎに検査開始、11時前に主治医から検査結果の説明がありました。
 検査後の画像を見せてもらって、画像を見る限り、再発や他部位の新たな発がんはありませんでした。シャントらしき影は以前から1箇所あり。特に問題はないとのこと。
 肺から腎臓あたりまでの単純CTもデータとして保存されていて、こちらでも他臓器の異常も無いようです。



クリニック待合からの眺望■検査の結果説明を聞いてから
 ドクターと情報交換。
・ 医療特区構想:ドクターからは難渋するがん患者さんのトータル的なケアができる医療施設を造りたいという願いは、国の医療特区構想で前に進みそうだ。ただ地域のベッド数の総量規制があり、これを解決しなければ前に進めない。府を通じて国に要望しているが、国は現場で解決するようにとのこと。今後の課題。
「肝炎患者支援手帳」
 大阪府が運用する手帳(「健康手帳エル」)を1冊お渡しし意見を伺いました。
 ・電子カルテを運用している施設との整合性。電子カルテに手帳の必要な部分をスキャンしてデータを挿入するシステムをどうするかが??
 ・肝炎・肝がん患者が集中している専門病院で、ドクターが連携パス部分などに記入したり、手帳の必要な部分をコピーし、カルテに貼り付ける(電子カルテにデータを写す)手間をどうするのか。1日に100人もの患者を診たり検査をしたりする施設では、担当事務員を増やす必要も出てくるのでは?

■ 元消化器内科医 参議院議員 梅村聡氏の講演会
 「新しい政治を創ろう」
 大阪大学で消化器内科医として診療されていた梅村聡氏の講演会が下記の通り行われます。
 医療についても、氏の考えが語られるものと思います。勉強に行ってみるつもりです。

 ・と き 2012年2月18日(土) 14-15:30
 ・ところ スターゲートホテル関西エアポート
        5階 クリスタルホール (泉佐野市ゲートタワービル)
 ・参加費無料
 ・主催 (梅村聡を支える3人の方々)

■午後、友の会事務所当番
 他府県の肝がん患者さんから、友の会の「新年のつどい」に参加したいが、肝がんの情報交換はできるのか?他部位にも転移し困っている、体調も悪いので、迷惑をかけるかわからないとの、お問い合わせがありました。
 体調が良ければどうぞ参加してくださいとお誘いしました。
 B型肝炎訴訟原告団で患者会の会員さんが、原告さんたちにも参加を呼びかけていただいております。ありがたいことです。



 
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

療養日記 | 23:02:08 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
術後の経過が良くて何よりですね。
2012-01-24 火 08:42:48 | URL | ばんばん [編集]
激励お礼
 ばんばんさん、お見舞いありがとうございます。
 いつも新しい情報をブログで発信されていて、励まされています。
2012-01-25 水 08:03:27 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad