■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
副作用情報 患者から発信する制度を
 25日午後の日本製薬工業協会での患者会アドバイザリーボード(意見交換会)に参加するために、上京しました。JR総武線新日本橋駅近く(日本橋室町)にあるビルに製薬協の事務所はあります。
 昨日までの降雪の名残があちらこちらに残っていました。関ヶ原あたりの積雪のために新幹線の遅れを懸念し早めに大阪を出たのですが順調でした。
 会議では、
 1)医薬食品局安全対策課課長補佐、PMDA(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)安全対策担当部長
の業務説明・意見交換
 2)今後の取組
 3)患者会との関係透明性ガイドラインの作成
などが議題となりました。


 治療薬の情報を患者に届く方法、患者が副作用かなと思ったことも医療機関の主治医や薬剤師に伝えても、その医療従事者が製薬企業やPMDAなどに相談された情報を伝えなければ、本当に副作用だったとしても対策にいかされない、患者の訴えを直接吸い上げるシステムづくりが研究されているが、早く実現させてほしい。
 治療薬などの情報を患者に伝える方法、患者が収集する方法などについて、意見を伝えました。

スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

患者会 | 23:46:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。