■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「治療と職業生活の両立等の支援に関する検討会」肝炎患者のことは??
肝炎対策推進協議会で患者委員から、インターフェロン治療中の仕事などへの配慮について社会的支援を求める意見が出されています。

同様のことは、難病対策やがん対策推進協議会でも、検討テーマにあげられ、労働基準局労災補償部労災管理課が事務局になって、「治療と職業生活の両立等の支援に関する検討会」が本年1月に立ち上げられました。

 第3回の会議で疾患別で糖尿病について検討されます。第2回は「がん」が取り上げられました。事務局に問い合わせたところ、現在のところ「肝臓病」についてヒアリングされることもないとのことです。

 肝疾患も取り上げられるように、肝炎患者みなで要望すべきではないでしょうか。

■第3回治療と職業生活の両立等の支援に関する検討会の開催(案内)
  http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000024tkw.html

  3月19日に開催されます。
  議題には、
  1)糖尿病
  2)メンタルヘルスが取り上げられます。

 傍聴の締め切りは3月15日です。詳細は上記サイトをご覧ください。




■審議会等 第2回治療と職業生活の両立等の支援に関する検討会(資料)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000024tqi.html
スポンサーサイト

テーマ:肝炎 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

肝炎対策(行政) | 18:01:01 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
糖尿病もがんも治療と日々の仕事を両立させるのは大変だとは思いますが、肝炎のインターフェロン治療もがんと同様に大変です。私の場合はガンよりもインターフェロン治療と仕事の両立の方が大変でした。治療期間が長いと言うことがあるのかもしれませんが、肝炎も治療期間は長いです。治癒しなければ何年もかかるのですから。
2012-03-15 木 00:09:24 | URL | sazae [編集]
インターフェロン治療年ごと
 sazaeさん、
 そうですね。標準的な治療で日本の場合は、1年から1年半かかるわけです。その間の仕事での働き方をどうするのか、収入の維持ができるのか、重大な問題ですが、医療機関でドクターや看護師さんが、この問題で相談相手にはなれません。どうするか??
 患者相談室の役割が大きくなるのですが、その存在をドクターが患者に伝えない方もたくさんおられます。
 どうにかしなければなりません。
2012-03-17 土 02:54:36 | URL | sin [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。