■プロフィール

sin

Author:sin
 B型肝炎患者です。
 大阪肝臓友の会で療養相談担当・事務局長。
 団塊の世代。

 写真は、東京江東区夢の島、「第五福竜丸展示館」の第五福竜丸船尾
 04/03/06 訪問 撮影
「第五福竜丸」の航海は続く 核のない世界を目指して
 JanJanニュースから

■2010年度国会請願 請願行動
 国会請願行動を5月25日に行いました。
 9万5千筆の署名を5/25に国会議員の方々に託しました。ご協力ありがとうございました。
  国会請願署名:「肝硬変・肝がん患者等の療養支援などを求める請願書」

■ 肝炎対策基本法が11月30日成立しました。ご協力ありがとうございました。
 法律に基づき肝炎対策が拡充され肝炎患者の療養が改善されるように今後ともがんばります。
法律
衆院厚労委員会決議
11/26衆院厚労委議事録
日肝協声明

「sinのつぶやき」(ツイッター)

 

■最近の記事
■最近のトラックバック
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
進行した肝がん患者への支援は 専門医の役割
 16日、事務所で電話相談を受けました。
■ 肝がん患者さんから、2年前に15cmのがんが見つかって塞栓療法、その後治療などをすすめてきたが、2月の検査でリンパ節転移を認められ、治療施設では打つ手がないと主治医から説明されたそうです。免疫療法についての相談でした。いくつかの免疫療法について調べられたそうですが、そのなかでも比較的に治療費の安価なクリニックについて、意見を求められました。

■ もう一例は患者のご家族から昨日のご相談です。お兄様が肝がんを患い、何度か治療を受けてこられたが、認知症で、老人介護施設に入所されています。昨年12月の検査に比較し、肝機能や肝がん腫瘍マーカーがひどく増悪し、ビリルビン値も2桁になっているそうです。このかたも肝がんに対する具体的な治療法はないと説明されたそうです。

 上記お二人とも同じ医療施設です。その施設は、「がん診療連携拠点病院」で、相談者に「がん患者相談支援センター(相談室)」を利用したことがありますか?主治医から相談室があることを聞きましたか」と問いましたが、ご存じありませんでした。



 がん治療医は、相談室の存在を患者さんに伝えるべきです。
 がん治療で入院されている間には、主治医、看護師が、相談室の存在を説明し、利用を促すべきです。
 また、医療機関の相談員さんは、がん患者さんが入院し治療が終われば、入院期間中に一度はベッドサイドまで訪問すべきだと思います。

 リンパ節に転移したといわれる肝臓がん、治療法の選択はあるのでしょうか。
 外科切除は肝機能の状態からできないと説明を受けられたそうです。
 セカンドオピニオンを求めるようで説明しましたが、解決するのか、心配しています。

 こんなサイトを見つけました。
 〇日本放射線腫瘍学会 
  No.82 肝癌患者におけるリンパ節転移の放射線療法の役割の検討:125人の患者での予後因子の後顧的分析
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

患者会 | 23:18:19 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。